適応障害がなかなか治らないときは

適応障害がなかなか治らないときは

適応障害が治らない時のリスク

適応障害を発症しても多くの人は短期間で治療できるのですが、人によっては長期の治療が必要であることや他の精神疾患と合併してしまい重症化してしまうこともあります。

 

ストレスが原因で発症する適応障害は、ストレスを除去することや薬物療法、社会適応訓練などで治療します。しかし、長期間にわたり治療をおこなっても改善されない場合は、さまざまなリスクが生じます。例えば、お勤めの方では、傷病手当の対象期間の問題や学生でしたら、出席日数によっては、進級や卒業ができなくなってしまうという問題があります。

 

適応障害が治らない

適応障害がなかなか治らないという方は、一度ご自身の生活を見直してみる必要があります。症状が落ち着いて治りかけの時期に仕事復帰や転職などをしていませんか?

 

また、治ってきたからと言って、服薬を自己判断で中止していませんか?

 

生真面目な人に多いのですが、職場復帰に供えたり、学校復帰に備えて仕事を家庭に持ってきたり、予習をしたりと頑張りすぎてしまいます。しかし、適応障害やうつ病は、治りかけの時が最も肝心なのです。治りかけの時期に、ストレスにさらされると、再発してしまうリスクが極めて高くなります。

 

特に、お勤めの方は仕事復帰しなければ、戻れなくなってしまうことを恐れ、症状を繰り返すことも少なくありません。繰り返しては、経済的にも厳しくなってしまいます。障害を受け入れない会社やご自分にとって不利益のある会社、病気の治療に専念できない職場でしたら、転職を考え、新しい環境で働くことも一つの手段だと思います。

 

病気を発症すると働きにくくなるという話しがあり、転職の勇気が出ない方もいますが、世の中にはたくさんの会社があり、本当に従業員を大切にしてくれる職場を選ぶことが大切です。しかし、間違えても転職の際に「嘘」をつくことはやめて、ありのままの自分を知ってもらい仕事に就くことも大切なことだと思います。

スポンサーリンク


関連ページ

症状の特徴
チェックリスト
甘え
適応障害とうつ病の違い
再発する可能性
原因不明の体調不良
周りと馴染めない
接し方
行動の変化
うつ状態
子供
悪化
吐き気
頭痛
イライラ
めまい
動悸
不安感
不眠症
眠気
泣くことについて
攻撃的になるのか
後遺症があるのか
自傷行為
物忘れ
無気力
下痢
外出ができない
軽度
発熱
脳はどうなっているのか
発作のようなものはあるのか
被害妄想
わがままとの違い
慢性化
暴力
幼児
30代まで
40代
50代
その後の経過
だるい時
胃痛や腹痛
耳鳴り
自覚できるのか
重度
寝たきりになることはあるか
対人恐怖
怠けか
問題行動
ギャンブル依存
ストレス障害
ネガティブなのか
ヒステリー
ぼーっとすることはある?
寒気を感じるとき
愚痴が多くなる?
五月病
言い訳
罪悪感の感じ方
指しゃぶりの行動
なりやすい人は心が弱いのか
笑えない人が多い
寝汗をかきやすいのか
声が出ないと言う事があるのか
絶望感
前兆
早朝覚醒がおこるのか
痩せる傾向にあるのか
昼間の眠気
電話が怖いという感情
頭が働かない
特定の人の前でおこる症状
独り言
日内変動
年齢と症状の変化
抜毛
判断力
疲れ
表情との関係
分類
別人のような性格
返事や返信
便秘
暴飲暴食
暴言
味覚
無口
目の症状
夜の症状
幼少期
老人
嘔吐
扁桃腺
再発率