適応障害と味覚

適応障害と味覚

味覚障害の原因

味覚障害は全く味が感じられなかったり、味が薄くかんじてしまったりとする障害です。この味覚障害がおこる原因についてみていきます。味覚は味蕾と呼ばれる感覚受容体が甘味・塩味・酸味・苦味・旨味といった情報を受け取り、脳に伝える事によって感じますが、高齢者はこの味蕾の数が新生児の3分の1まで減るといわれています。その為、味は感じにくくなってしまいます。

 

また、亜鉛の摂取不足でも味覚障害はおこります。亜鉛が不足すると味蕾細胞の新陳代謝がおこりにくくなるため、食生活の乱れや過度なダイエットによる食事制限などにより亜鉛不足となり味覚障害を起こすケースがあります。

 

その他のケースとしては味覚の感覚神経の損傷や風邪などにより鼻が詰まっている場合、降圧剤・抗生剤・抗アレルギー剤・精神安定剤などを服用している場合にも副作用として味覚障害が起こるケースがあります。また、心因性の味覚障害というものも有り、味覚は心因的な要素に刺激を受けやすいといえます。こうしたストレス性の場合にはカウンセリングが有効なこともあります。

 

適応障害と味覚の関係

適応障害の症状として味覚に異常が現れた場合には2つのケースが考えられます。味覚障害を起こす原因のひとつにはストレスがあります。適応障害はストレス障害のひとつになりますので、ストレス事態が味覚障害を引き起こしている可能性があります。

 

もう、ひとつ考えられるケースとしては、ストレスが原因となって、抗不安薬や抗うつ剤などの精神安定剤を服用している場合です。亜鉛の吸収を抑制したり、唾液分泌を抑制するような薬は味覚障害の副作用が起こることが有ります。適応障害が長引き、薬の服用をしていて味覚障害を感じている場合には、医師に相談をする事をお勧めします。

スポンサーリンク


関連ページ

症状の特徴
チェックリスト
甘え
適応障害とうつ病の違い
再発する可能性
原因不明の体調不良
周りと馴染めない
接し方
なかなか治らない
行動の変化
うつ状態
子供
悪化
吐き気
頭痛
イライラ
めまい
動悸
不安感
不眠症
眠気
泣くことについて
攻撃的になるのか
後遺症があるのか
自傷行為
物忘れ
無気力
下痢
外出ができない
軽度
発熱
脳はどうなっているのか
発作のようなものはあるのか
被害妄想
わがままとの違い
慢性化
暴力
幼児
30代まで
40代
50代
その後の経過
だるい時
胃痛や腹痛
耳鳴り
自覚できるのか
重度
寝たきりになることはあるか
対人恐怖
怠けか
問題行動
ギャンブル依存
ストレス障害
ネガティブなのか
ヒステリー
ぼーっとすることはある?
寒気を感じるとき
愚痴が多くなる?
五月病
言い訳
罪悪感の感じ方
指しゃぶりの行動
なりやすい人は心が弱いのか
笑えない人が多い
寝汗をかきやすいのか
声が出ないと言う事があるのか
絶望感
前兆
早朝覚醒がおこるのか
痩せる傾向にあるのか
昼間の眠気
電話が怖いという感情
頭が働かない
特定の人の前でおこる症状
独り言
日内変動
年齢と症状の変化
抜毛
判断力
疲れ
表情との関係
分類
別人のような性格
返事や返信
便秘
暴飲暴食
暴言
無口
目の症状
夜の症状
幼少期
老人
嘔吐
扁桃腺
再発率