適応障害の症状による行動の変化

適応障害の症状による行動の変化

生きていく上で人は様々な転換期を繰り返しながら人生を歩み、いろいろな変化に順応していくのですが、なかにはその変化に対応できずにいる人達が存在します。

 

その症状のことを適応障害と呼ばれ、新しい環境に慣れないストレスに耐えず身体と心に大きな影響をもたらします。

 

今回は適応障害の症状や、症状による行動の変化を見ていきましょう。

 

適応障害の症状について

適応障害の症状は、心のダメージからくる不安障害。

 

体の不調を訴える身体症状。不安から起こる攻撃的要因など大きく分けて3つの症状が現れるとされています。

 

また、不安障害がひどくなると人と接するの嫌がり、家に引きこもってしまうことも見受けられ、一時期的に起こる症状であれば適応障害と診断されます。

 

治療法などは、カウンセリングで認知行動療法、環境調整を行い自分から適応障害を起こしている要因を見つけて、症状を軽くする環境を作ることで改善を目的とします。

 

症状によって薬による治療も補助的な考えで行うこともあります。しかし、適応障害はあまり認知されずにそのまま放置され症状が悪化しやすく、当事者の性格や行動が突然に変化していく傾向が見られ、社会生活に支障がでてしまうこともあるのです。

 

適応障害の症状からくる行動の変化

適応障害の症状から来る行動の変化はどのような心境になるのか?

 

今の現状から少しでも逃れるために起こる現実逃避。

 

例えば、買い物でストレスを発散する度合いがひどくなるいわば買い物依存になりやすくなるのです。

 

また、不安障害からなる「ありもしない恐怖や他人から見られる自分がこうだ!」と思い込み周囲に罵声をあげたり、物を投げたり、手をあげたりする暴力行為を起こすケースもあります。

 

その延長で「こんなことで?」ということでイライラして、お店側にクレームの電話を入れて罵声を飛ばしていて、家族が驚いているケースは報告されています。

 

不安からくる自己嫌悪。不安からくる自己否定。不安からくる自傷行為など、突然人が変わったように異常行動が起こすため、家族や周囲の人たちにも大きな心のダメージが大きく、周囲の人が適応障害になりやすい要素が生まれるという負のループが潜んでいるのです。

スポンサーリンク


関連ページ

症状の特徴
チェックリスト
甘え
適応障害とうつ病の違い
再発する可能性
原因不明の体調不良
周りと馴染めない
接し方
なかなか治らない
うつ状態
子供
悪化
吐き気
頭痛
イライラ
めまい
動悸
不安感
不眠症
眠気
泣くことについて
攻撃的になるのか
後遺症があるのか
自傷行為
物忘れ
無気力
下痢
外出ができない
軽度
発熱
脳はどうなっているのか
発作のようなものはあるのか
被害妄想
わがままとの違い
慢性化
暴力
幼児
30代まで
40代
50代
その後の経過
だるい時
胃痛や腹痛
耳鳴り
自覚できるのか
重度
寝たきりになることはあるか
対人恐怖
怠けか
問題行動
ギャンブル依存
ストレス障害
ネガティブなのか
ヒステリー
ぼーっとすることはある?
寒気を感じるとき
愚痴が多くなる?
五月病
言い訳
罪悪感の感じ方
指しゃぶりの行動
なりやすい人は心が弱いのか
笑えない人が多い
寝汗をかきやすいのか
声が出ないと言う事があるのか
絶望感
前兆
早朝覚醒がおこるのか
痩せる傾向にあるのか
昼間の眠気
電話が怖いという感情
頭が働かない
特定の人の前でおこる症状
独り言
日内変動
年齢と症状の変化
抜毛
判断力
疲れ
表情との関係
分類
別人のような性格
返事や返信
便秘
暴飲暴食
暴言
味覚
無口
目の症状
夜の症状
幼少期
老人
嘔吐
扁桃腺
再発率