30代までの適応障害

30代までの適応障害

適応障害とは、思い通りにならないこと、辛いことに対して極度にストレスを感じ、日常生活が円滑に行えないような障害のことを言います。

 

幅広い年代の方が適応障害になる可能性があるのですが、30代までに適応障害を発症するという場合には、どのようなことが原因となっているのでしょうか。

 

ここでは、30代までの適応障害について考えてみましょう。

 

30代までに適応障害を発症する人

30代までという比較的若い年代で適応障害を発症するという人は、元々ストレスに弱く、順応力が弱めだと考えられます。社会人になってから30代までという年代では、年々、責任の度合いが変わっていき、それが重荷に感じることも多くなってくる年代です。

 

そのため、1つの段階に慣れても、すぐに次の段階がやってくる・・・というふうに時間が経過していくので、その要求される責任やスキルに耐えられなくなる、というパターンが多いようです。

 

また、そういう場面に直面すると、職場を退職してしまうという人もいるようですが、こういう場合、次の職場にも適応できず、またストレスを溜め込む・・・ということになってしまうのです。

 

適応障害の治療を受けなければ、この状態が続く恐れがあるので、こういうことを繰り返しているという人は適応障害なのかもしれません。

 

適応障害だと疑う場合

学生時代とは違い、社会人になってから欠勤が多いというような状況は、とてもシリアスな状況です。

 

適応障害になる人というのは、欠勤も多くなりますし、無断欠勤をすることもあるでしょう。こういった場合に、責任感がないと決めつけて怒るよりは、先に適応障害だと疑って病院に行くことが必要です。

 

適応障害の場合、本人は仕事に行かなければならないということはわかっているのに、無断欠勤ということをしでかしたりします。例え真面目な人でも、適応障害にかかっていると、そういう行動に出てしまうのです。

 

ですから、そういった場合は一度病院で診断を受けることをおすすめします。

 

また、仕事には行っているという場合も、うつ病と似たような症状が見て取れる場合は、適応障害かもしれません。

スポンサーリンク


関連ページ

症状の特徴
チェックリスト
甘え
適応障害とうつ病の違い
再発する可能性
原因不明の体調不良
周りと馴染めない
接し方
なかなか治らない
行動の変化
うつ状態
子供
悪化
吐き気
頭痛
イライラ
めまい
動悸
不安感
不眠症
眠気
泣くことについて
攻撃的になるのか
後遺症があるのか
自傷行為
物忘れ
無気力
下痢
外出ができない
軽度
発熱
脳はどうなっているのか
発作のようなものはあるのか
被害妄想
わがままとの違い
慢性化
暴力
幼児
40代
50代
その後の経過
だるい時
胃痛や腹痛
耳鳴り
自覚できるのか
重度
寝たきりになることはあるか
対人恐怖
怠けか
問題行動
ギャンブル依存
ストレス障害
ネガティブなのか
ヒステリー
ぼーっとすることはある?
寒気を感じるとき
愚痴が多くなる?
五月病
言い訳
罪悪感の感じ方
指しゃぶりの行動
なりやすい人は心が弱いのか
笑えない人が多い
寝汗をかきやすいのか
声が出ないと言う事があるのか
絶望感
前兆
早朝覚醒がおこるのか
痩せる傾向にあるのか
昼間の眠気
電話が怖いという感情
頭が働かない
特定の人の前でおこる症状
独り言
日内変動
年齢と症状の変化
抜毛
判断力
疲れ
表情との関係
分類
別人のような性格
返事や返信
便秘
暴飲暴食
暴言
味覚
無口
目の症状
夜の症状
幼少期
老人
嘔吐
扁桃腺
再発率