軽度の適応障害

軽度の適応障害

適応障害にも軽度と言われる症状ですむこともあります。軽度の適応障害なら、誰しも患うことはあるでしょう。

 

例えば、新入社員の時に経験した五月病などの症状とか適応障害と似ている点があるので、もしかしたら、五月病は軽度の適応障害かもしれません。

 

五月病と軽度の適応障害か?

学校を卒業して社会人生活が始まる4月。この時期は気がはっていて心に余裕がない時期だと思います。

 

新人研修で会社の研修所に入り、社会人に必要なノウハウを体得するのに必死な時です。

 

新人研修も終わりも近づき、ゴールデンウィークが過ぎると、体がだるい、気が思い、会社に行きたくない。仕事をやりとげるのか?という不安が大きくなり布団から一歩も出たくない。という症状を出てくるのが五月病です。

 

五月病というのは実際になく、一時的の気分障害ではないかと考えられてきましたが、3ヶ月以上も症状が出てくると適応障害の可能性が高いとされています。

 

子どもの頃、夏休みが終わりに近づくと、気分が悪くなったり風邪を引いたり、体調不良を起こす症状も詳しく調べたら軽度の適応障害になりつつあるということを意識したほうが良いかもしれません。

 

適応障害は半年以内に症状が治まるとされていますから、なかなか真剣に受診をしたり、治療したりする人は少なくありません。

 

「連休明けのいつものこと。」と思ってそのまま仕事をしたり学校に行く人が多いのです。

 

軽度でも甘く見てはいけない

適応障害は原因がはっきりしているため、カウンセリングとかで原因を認識させる効果はとても高く症状改善の近道になっていますが、原因がはっきりしているからと、放置していくと軽度からうつ病に発展する可能性は十分にあります。

 

きちんとその症状の原因と周囲の状況を把握しないと周囲までも影響されます。

 

軽度の適応障害でも軽視せずに、症状を良くなるため根気よく見守ることが大切です。

スポンサーリンク


関連ページ

症状の特徴
チェックリスト
甘え
適応障害とうつ病の違い
再発する可能性
原因不明の体調不良
周りと馴染めない
接し方
なかなか治らない
行動の変化
うつ状態
子供
悪化
吐き気
頭痛
イライラ
めまい
動悸
不安感
不眠症
眠気
泣くことについて
攻撃的になるのか
後遺症があるのか
自傷行為
物忘れ
無気力
下痢
外出ができない
発熱
脳はどうなっているのか
発作のようなものはあるのか
被害妄想
わがままとの違い
慢性化
暴力
幼児
30代まで
40代
50代
その後の経過
だるい時
胃痛や腹痛
耳鳴り
自覚できるのか
重度
寝たきりになることはあるか
対人恐怖
怠けか
問題行動
ギャンブル依存
ストレス障害
ネガティブなのか
ヒステリー
ぼーっとすることはある?
寒気を感じるとき
愚痴が多くなる?
五月病
言い訳
罪悪感の感じ方
指しゃぶりの行動
なりやすい人は心が弱いのか
笑えない人が多い
寝汗をかきやすいのか
声が出ないと言う事があるのか
絶望感
前兆
早朝覚醒がおこるのか
痩せる傾向にあるのか
昼間の眠気
電話が怖いという感情
頭が働かない
特定の人の前でおこる症状
独り言
日内変動
年齢と症状の変化
抜毛
判断力
疲れ
表情との関係
分類
別人のような性格
返事や返信
便秘
暴飲暴食
暴言
味覚
無口
目の症状
夜の症状
幼少期
老人
嘔吐
扁桃腺
再発率