適応障害でだるい時

適応障害でだるい時

適応障害とは、ある特定の出来事などに対してのストレスが大きく、それを回避するような行動をとったりするために、日常生活に支障が出てしまう障害です。

 

症状としては、とにかく激しいストレスを何らかの出来事に感じるといったものですが、他の精神疾患と同じく、体にも症状が出てきてしまいます。

 

その中の1つに、「だるさ」というものがあります。適応障害でだるいときというのは、具体的にはどのような感じなのでしょうか。

 

適応障害でだるい時とは

適応障害に限らず、精神疾患にかかると、とてつもないだるさ、倦怠感を感じることがあります。単にだるいというだけではなく、体が鉛のように感じて起き上がれなかったり、動きたいと思っているのに体が言うことを聞かないだとか、そういった普通の「だるさ」を逸脱したような感じです。

 

適応障害の他には、うつ病の症状にもよく見られるものです。

 

たとえ、よく睡眠をとったとしても、このだるさが現れることがあり、このために日常生活が困難になることもあるくらいです。

 

だるい時の対処法

上記で説明したほどにまでだるいときは、一体どのように対処すればよいのでしょうか。

 

ここまでのだるさを感じていると、無理に動いたりすることは大変困難です。また、そうしなければならないというストレスが、適応障害の悪化を引き起こしてしまいます。

 

ですから、本当にだるくて仕方がない時にはゆっくりするということも必要なのです。

 

また、体が冷えているとだるさが一層強くなってしまいます。体が冷えていると感じるときには、白湯を飲んだり、あったかいお風呂に入るなどといったことをして、体を温めてみましょう。

 

これで少しはだるさが軽減されることもあります。

 

また、どれだけしんどくても、栄養をしっかりとることも重要です。栄養が足りていないと、だるさに直結してしまいます。

スポンサーリンク


関連ページ

症状の特徴
チェックリスト
甘え
適応障害とうつ病の違い
再発する可能性
原因不明の体調不良
周りと馴染めない
接し方
なかなか治らない
行動の変化
うつ状態
子供
悪化
吐き気
頭痛
イライラ
めまい
動悸
不安感
不眠症
眠気
泣くことについて
攻撃的になるのか
後遺症があるのか
自傷行為
物忘れ
無気力
下痢
外出ができない
軽度
発熱
脳はどうなっているのか
発作のようなものはあるのか
被害妄想
わがままとの違い
慢性化
暴力
幼児
30代まで
40代
50代
その後の経過
胃痛や腹痛
耳鳴り
自覚できるのか
重度
寝たきりになることはあるか
対人恐怖
怠けか
問題行動
ギャンブル依存
ストレス障害
ネガティブなのか
ヒステリー
ぼーっとすることはある?
寒気を感じるとき
愚痴が多くなる?
五月病
言い訳
罪悪感の感じ方
指しゃぶりの行動
なりやすい人は心が弱いのか
笑えない人が多い
寝汗をかきやすいのか
声が出ないと言う事があるのか
絶望感
前兆
早朝覚醒がおこるのか
痩せる傾向にあるのか
昼間の眠気
電話が怖いという感情
頭が働かない
特定の人の前でおこる症状
独り言
日内変動
年齢と症状の変化
抜毛
判断力
疲れ
表情との関係
分類
別人のような性格
返事や返信
便秘
暴飲暴食
暴言
味覚
無口
目の症状
夜の症状
幼少期
老人
嘔吐
扁桃腺
再発率