適応障害と疲れ

適応障害と疲れ

疲れとは

疲れとは疲労の事を指し、発熱などと並んで生体の3大アラームといわれています。体にとっては生命と健康を維持する上で、重要な信号のひとつで健常者における生理的疲労は、精神的あるいは肉体的に負荷を与えられた際に、パフォーマンスが一時的に低下した状態とされています。

 

疲労とは3つの考え方があります。まずはエネルギー低下、モチベーションの低下、病気のサインといたものが上げられます。人間が行動する為にはエネルギーが必要ですが、エネルギー不足による疲労は行動や活動を起こすことが出来ません。眠気や思考力の低下、集中力の低下さらには無気力という形で現れてきます。

 

次に、モチベーションの低下についてですが、行動のもととなるやる気(モチベーション)が奪われた状態のことで疲労はモチベーションを低下させ、無気力、無関心となります。精神的ストレスによる疲労も考えられます。精神的ストレスは疲労大きな原因です。心のケアは、栄養、運動、睡眠と同様に疲労回復にとって非常に重要になっています。日々のストレスを溜め込んでしまうと、うつ病などの精神疾患だけでなく、副腎疲労などすい臓の疾患の発症を引き起こす事があります。

 

最後に病気のサインですが、通常は疲労を感じていても休息をとることで疲労は回復します。しかし、その疲労感が次の日にも残ったり、長期間続く事があると疲労が通常の疲労感を超えてしまいます。これは身体からのサインになります。痛みや熱があれば直ぐに病院に行くものの、疲労で病院に行くというケースはあまりありません、病気は非常にゆっくりと進行していきます。疲労が蓄積すると、身体の免疫力が低下し様々な感染症だけではなく、うつ病などの精神疾患があることもあり早期対応が必要です。

 

適応障害と疲れについて

適応障害は、ストレスによるものになりますので精神的ストレスによるもちベーソンの低下などが起こることが考えられます。ストレスから来る疲れが悪化してしまうと、うつ病などそのほかの精神疾患を引き起こす原因にもなりますので、出来るだけストレスから離れるなどの対応が必要です。

スポンサーリンク


関連ページ

症状の特徴
チェックリスト
甘え
適応障害とうつ病の違い
再発する可能性
原因不明の体調不良
周りと馴染めない
接し方
なかなか治らない
行動の変化
うつ状態
子供
悪化
吐き気
頭痛
イライラ
めまい
動悸
不安感
不眠症
眠気
泣くことについて
攻撃的になるのか
後遺症があるのか
自傷行為
物忘れ
無気力
下痢
外出ができない
軽度
発熱
脳はどうなっているのか
発作のようなものはあるのか
被害妄想
わがままとの違い
慢性化
暴力
幼児
30代まで
40代
50代
その後の経過
だるい時
胃痛や腹痛
耳鳴り
自覚できるのか
重度
寝たきりになることはあるか
対人恐怖
怠けか
問題行動
ギャンブル依存
ストレス障害
ネガティブなのか
ヒステリー
ぼーっとすることはある?
寒気を感じるとき
愚痴が多くなる?
五月病
言い訳
罪悪感の感じ方
指しゃぶりの行動
なりやすい人は心が弱いのか
笑えない人が多い
寝汗をかきやすいのか
声が出ないと言う事があるのか
絶望感
前兆
早朝覚醒がおこるのか
痩せる傾向にあるのか
昼間の眠気
電話が怖いという感情
頭が働かない
特定の人の前でおこる症状
独り言
日内変動
年齢と症状の変化
抜毛
判断力
表情との関係
分類
別人のような性格
返事や返信
便秘
暴飲暴食
暴言
味覚
無口
目の症状
夜の症状
幼少期
老人
嘔吐
扁桃腺
再発率