適応障害の人の連絡

適応障害の人の連絡

適応障害と連絡

適応障害の症状は行動面にもあらわれます。適応障害になると、対人関係に極度に敏感になり人間関係を避ける傾向にあります。中には攻撃的で反社会的な行動をとる人も居ます。具体的に言うと、暴飲や暴食、アルコール依存や無断欠勤、危険な運転やケンカと言った行動です。こうした行動面に現れる人は、突然人が変わったと言われる事があります。

 

対人関係が極度に過敏になり、人間関係を避ける人は連絡をとりたがりません。これは適応障害の発症原因が人間関係による強いストレスが原因で、普通の感覚では考えられないくらい敏感になっています。社内で笑いながら会話をしている姿を見て、自分が孤独感を感じ今話しているのは自分の悪口を言っているなどと思い込みが激しくなります。とにかく人と連絡を取りたくない時期というのがあると言う事を忘れないようにしましょう。

 

連絡が取れないときの対応について

仕事がストレスとなっている場合に、会社携帯にでるのが怖かったりストレスを感じたりしている可能性はあります。個人の携帯でさえも避けるケースがあります。電話がなる個と事態にプレッシャーを火事手居るからです。友達からのLINEの返信なども直ぐにはできずに時間がかかってしまったり、返事が出来ない、内容を見ないという事さえあります。相手に失礼だとわかってても、身体が拒否してしまい行動に移すことが出来ないのです。

 

こうした場合には、相手の理解が必要になります。適応障害を起こしている場合には、連絡がとれなくなったり連絡が遅くなったりする事があると言う事を念頭に入れておきましょう。返信が無くて心配だからと連絡をし続けると、余計に不安感がつのり連絡をとることを遠ざけてしまう可能性があります。相手の症状を確認しながら、すこしずつ適応障害になる前のように連絡がとれるようにしていきましょう。

スポンサーリンク