適応障害の人の指しゃぶりの行動

適応障害の人の指しゃぶりの行動

青年期や小児期での指しゃぶり

ストレスが原因でおこる適応障害は情緒的「不安・抑うつ・不眠・全身の倦怠感・頭痛・吐き気」などの障害が発生しますが、行動障害としては夜尿症や指しゃぶり、幼稚的なしゃべり方といった退行現象が現れてきます。子どもの場合に日常生活で適応障害を起こしやすい環境としては、学校や習い事に限定されますが適応障害を持つ子どもの場合、遅刻・欠席・不登校になるケースが多く見受けられます。

 

赤ちゃん返りのような行動を見せたり、学校へ行かなくなったりする行動は周囲にいる大人が異変に気づきやすいと言えます。些細な行動変化を見落とす事がないように気をつけなければいけません。日常生活の場面で退行現象が出てきてしまう場合は社会生活において大きな支障をきたしてしまいますし、行動自体がイジメの原因にもなりかねません。

 

退行現象とは

退行現象とはどのようなときにおこるかというと、弟妹の誕生や急激な環境の変化により幼い時期に振舞う行動を言います。幼児が、弟妹が産まれたために両親がかかりっきりになってしまい自分が取り残されたような感覚に陥った際に、赤ちゃんのように振舞う事を赤ちゃん返りといいます。

 

一般的に症状が見られる時期としては通常2〜3歳ごろに見られますが、それと同じ状況が適応障害では起こる可能性があるということです。通常、退行現象が見られた場合は原因を取り除けるようにします。弟妹にお母さんが付きっ切りの状態であるならば、お父さんは積極的に遊んであげるなどの工夫が必要です。お母さんも手があいた時にはスキンシップをとるなどして、積極的にコミュニケーションを図る事で症状は改善します。

 

発達障害が原因で指しゃぶりのような退行現象が起こってしまっている場合には、発達障害が起こってしまった元の原因であるストレッサーを少しでも取り除く努力が必要です。

スポンサーリンク


関連ページ

症状の特徴
チェックリスト
甘え
適応障害とうつ病の違い
再発する可能性
原因不明の体調不良
周りと馴染めない
接し方
なかなか治らない
行動の変化
うつ状態
子供
悪化
吐き気
頭痛
イライラ
めまい
動悸
不安感
不眠症
眠気
泣くことについて
攻撃的になるのか
後遺症があるのか
自傷行為
物忘れ
無気力
下痢
外出ができない
軽度
発熱
脳はどうなっているのか
発作のようなものはあるのか
被害妄想
わがままとの違い
慢性化
暴力
幼児
30代まで
40代
50代
その後の経過
だるい時
胃痛や腹痛
耳鳴り
自覚できるのか
重度
寝たきりになることはあるか
対人恐怖
怠けか
問題行動
ギャンブル依存
ストレス障害
ネガティブなのか
ヒステリー
ぼーっとすることはある?
寒気を感じるとき
愚痴が多くなる?
五月病
言い訳
罪悪感の感じ方
なりやすい人は心が弱いのか
笑えない人が多い
寝汗をかきやすいのか
声が出ないと言う事があるのか
絶望感
前兆
早朝覚醒がおこるのか
痩せる傾向にあるのか
昼間の眠気
電話が怖いという感情
頭が働かない
特定の人の前でおこる症状
独り言
日内変動
年齢と症状の変化
抜毛
判断力
疲れ
表情との関係
分類
別人のような性格
返事や返信
便秘
暴飲暴食
暴言
味覚
無口
目の症状
夜の症状
幼少期
老人
嘔吐
扁桃腺
再発率