適応障害とわがままの違い

適応障害とわがままの違い

「あの人は、わがままだ」と周囲から言われて落ち込む人。

 

「これが私の性格だから!」と吹っ切れる人と2つに分かれる適応障害とわがままの違い。

 

適応障害はわがままの境界線は誰にも分からないグレーゾーンだと思います。

 

適応障害=わがまま?

今でこそ、うつ病が浸透していますが、15年くらい前はうつ病でも「わがままな人扱い」をされてきました。

 

それと同じで、適応障害もわがままな人と誤解をされるのは無理もありません。

 

なぜなら旅行の計画を仲間内で話し合ってる時は楽しいんです。しかし当日に人混みが嫌い。または暑さで体がダルくなったときに突然人が変わったようにキレるわけですから。

 

キレる理由も分からず何故?キレた自分に対してイライラしてる状況です。

 

当事者にも分からないなら、一緒に行動している仲間はもっと困惑するのは当然です。

 

そんな行動を目の当たりにすれば「この人ってこんなにわがままだった?計画を練っている時はすごく楽しそうだったのに。次から誘うのやめようかな?」なるのは自然の流れです。

 

当事者は暑さと人混みの多さにストレスに耐える容量を超えてしまった「だけ」。暑さと人混みを避ければ仲間と普通に楽しく行動しているでしょう。

 

わがままと適応障害の違いはどの点か?

わがままは自分の思いどおりにならないとキレる。

 

適応障害は、旅行で行きたい場所を当事者と仲間と決めて、その場所に行くことを決定したが、当日になって当事者のストレスの容量を超えるダメージがその場所に揃っていればその時点でキレてしまう。

 

この2つの違いをご理解していただければ、適応障害とわがままの境界線がはっきりすると思います。

 

本当は誰にでも理解できない難しい問題ではないかと考えています。

 

当事者が自覚をしており、適応障害であることを仲間がある程度理解できる人達でないと対人関係が作れずに新たな障害が生まれる可能性が高いのです。

スポンサーリンク


関連ページ

症状の特徴
チェックリスト
甘え
適応障害とうつ病の違い
再発する可能性
原因不明の体調不良
周りと馴染めない
接し方
なかなか治らない
行動の変化
うつ状態
子供
悪化
吐き気
頭痛
イライラ
めまい
動悸
不安感
不眠症
眠気
泣くことについて
攻撃的になるのか
後遺症があるのか
自傷行為
物忘れ
無気力
下痢
外出ができない
軽度
発熱
脳はどうなっているのか
発作のようなものはあるのか
被害妄想
慢性化
暴力
幼児
30代まで
40代
50代
その後の経過
だるい時
胃痛や腹痛
耳鳴り
自覚できるのか
重度
寝たきりになることはあるか
対人恐怖
怠けか
問題行動
ギャンブル依存
ストレス障害
ネガティブなのか
ヒステリー
ぼーっとすることはある?
寒気を感じるとき
愚痴が多くなる?
五月病
言い訳
罪悪感の感じ方
指しゃぶりの行動
なりやすい人は心が弱いのか
笑えない人が多い
寝汗をかきやすいのか
声が出ないと言う事があるのか
絶望感
前兆
早朝覚醒がおこるのか
痩せる傾向にあるのか
昼間の眠気
電話が怖いという感情
頭が働かない
特定の人の前でおこる症状
独り言
日内変動
年齢と症状の変化
抜毛
判断力
疲れ
表情との関係
分類
別人のような性格
返事や返信
便秘
暴飲暴食
暴言
味覚
無口
目の症状
夜の症状
幼少期
老人
嘔吐
扁桃腺
再発率