適応障害の影響で外出ができない

適応障害の影響で外出ができない

適応障害の影響で外出ができないことはない事はありません。

 

ストレスを受け取る容量がオーバーした状態で、外に出ることが可能なのかは個人差はありますが、恐怖を感じるケースは多く報告されています。

 

外出できない理由とは

適応障害は心因と呼ばれば症状が強ければ、外に行くのが怖い。すれ違う人が怖いという恐怖症を強くでている可能性があります。

 

自分に自信がない時、他人がキラキラ輝いて見えることありますよね。

 

その感覚が過剰に心にダメージを与えているのです。

 

何か組織に属している時は、道で歩いていても通りすがりの人に意識がありませんが、仕事が見つからない状況で外出をすると「仕事が見つからないのに、遊んでいいのか。私は何やってるのか」という気持ちが強く、外出することが嫌になるのです。

 

また、「今日、仕事休み?」と言われるのがストレスになり、外出ができないことも考えられます。

 

当事者しが分からない苦しみが外の世界との間に壁となり、ますます症状が悪化しているのです。

 

強迫性障害のおそれがある

適応障害の不安障害のなかに強迫性障害という症状があります。

 

強迫性障害とは他人がスマホを見ていると「自分のことをSNSでツイートをしているのでないか。」

 

「会話機能アプリで自分のことを監視して自分のことが嫌いな人に伝わっているんじゃないか。」という衝動にかられ、その不安を逃げるために外出しない。または外出できないように自分で行動しているのが強迫性障害の特徴です。

 

トラウマや対人恐怖症などいろいろな障害が要素が重なり、外出ができない背景があるのです。

 

ここまでくると適応障害だけではない心の病気が発症しているサインであるため注意をして経過を見ないといけません。

 

無職だから恥ずかしいから外出できないという単純な理由ではないのです。

スポンサーリンク


関連ページ

症状の特徴
チェックリスト
甘え
適応障害とうつ病の違い
再発する可能性
原因不明の体調不良
周りと馴染めない
接し方
なかなか治らない
行動の変化
うつ状態
子供
悪化
吐き気
頭痛
イライラ
めまい
動悸
不安感
不眠症
眠気
泣くことについて
攻撃的になるのか
後遺症があるのか
自傷行為
物忘れ
無気力
下痢
軽度
発熱
脳はどうなっているのか
発作のようなものはあるのか
被害妄想
わがままとの違い
慢性化
暴力
幼児
30代まで
40代
50代
その後の経過
だるい時
胃痛や腹痛
耳鳴り
自覚できるのか
重度
寝たきりになることはあるか
対人恐怖
怠けか
問題行動
ギャンブル依存
ストレス障害
ネガティブなのか
ヒステリー
ぼーっとすることはある?
寒気を感じるとき
愚痴が多くなる?
五月病
言い訳
罪悪感の感じ方
指しゃぶりの行動
なりやすい人は心が弱いのか
笑えない人が多い
寝汗をかきやすいのか
声が出ないと言う事があるのか
絶望感
前兆
早朝覚醒がおこるのか
痩せる傾向にあるのか
昼間の眠気
電話が怖いという感情
頭が働かない
特定の人の前でおこる症状
独り言
日内変動
年齢と症状の変化
抜毛
判断力
疲れ
表情との関係
分類
別人のような性格
返事や返信
便秘
暴飲暴食
暴言
味覚
無口
目の症状
夜の症状
幼少期
老人
嘔吐
扁桃腺
再発率