適応障害の人は寝汗をかきやすいのか

適応障害の人は寝汗をかきやすいのか

寝汗とは

寝汗というのは通常の大人であればコップ1.5杯分はかくといわれています。眠りが深くなると基本的には発汗中枢の体温の設定温度は下がりますが、汗をかくことで体温を下げようとする働きが作用します。その為、寝ている間の体温をコントロールするという意味でかくと言う事自体は特に問題のある現象では有りません。

 

しかし、大量に汗をかいてしまうと言う事は何らかの病気や身体の異変のサインになります。当然、暑熱環境の中エアコンもいれずに寝ていたり、寒いからといって電気毛布を使っていたり厚着をして寝ている場合には話は別になります。

 

ここで気をつけなければいけないのが精神的なストレスが原因で大量に汗をかくという場合です。基本的に汗をかくと言う事は、交感神経と副交感神経のバランスからなります。この自律神経が生活リズムの乱れやストレスで崩れていくと寝汗や動悸、倦怠感などを引き起こし精神的にも落ち込んだ状態だと起こる症状になります。

 

適応障害と寝汗について

うつ病の方にもある症状ですが、大量の寝汗という症状があります。眠り自体が浅い人は、8時間の睡眠をとっていてもすっきりとした気分になれなかったり、ストレスや不安を抱えたまま寝ていると神経が興奮状態にあり、寝ていても何度も起きてしまうなどの症状が現れます。その結果、寝ている間にもストレスがかかっている為に気持ちが休まらずに大量の汗をかくという事があります。

 

ストレスの場合には自律神経も大きく関与しており、鬱病や適応障害、高血圧、自律神経失調症、肺結核、更年期障害といった疾患を持っている方にも多く出る症状です。適応障害と診断された方で寝汗が大量に出るという方は、寝ている間にもストレスがかかっていると考えた方が良いでしょう。

スポンサーリンク


関連ページ

症状の特徴
チェックリスト
甘え
適応障害とうつ病の違い
再発する可能性
原因不明の体調不良
周りと馴染めない
接し方
なかなか治らない
行動の変化
うつ状態
子供
悪化
吐き気
頭痛
イライラ
めまい
動悸
不安感
不眠症
眠気
泣くことについて
攻撃的になるのか
後遺症があるのか
自傷行為
物忘れ
無気力
下痢
外出ができない
軽度
発熱
脳はどうなっているのか
発作のようなものはあるのか
被害妄想
わがままとの違い
慢性化
暴力
幼児
30代まで
40代
50代
その後の経過
だるい時
胃痛や腹痛
耳鳴り
自覚できるのか
重度
寝たきりになることはあるか
対人恐怖
怠けか
問題行動
ギャンブル依存
ストレス障害
ネガティブなのか
ヒステリー
ぼーっとすることはある?
寒気を感じるとき
愚痴が多くなる?
五月病
言い訳
罪悪感の感じ方
指しゃぶりの行動
なりやすい人は心が弱いのか
笑えない人が多い
声が出ないと言う事があるのか
絶望感
前兆
早朝覚醒がおこるのか
痩せる傾向にあるのか
昼間の眠気
電話が怖いという感情
頭が働かない
特定の人の前でおこる症状
独り言
日内変動
年齢と症状の変化
抜毛
判断力
疲れ
表情との関係
分類
別人のような性格
返事や返信
便秘
暴飲暴食
暴言
味覚
無口
目の症状
夜の症状
幼少期
老人
嘔吐
扁桃腺
再発率