適応障害に関係のある病気・障害

適応障害に関係のある病気・障害について

適応障害に関係のある病気・障害についての記事一覧になります。

適応障害に関係のある病気・障害記事一覧

適応障害は発達障害の症状を起こすこともあります。事例の1つとしてストレスをたまるとなぜかティッシュを口に含みガムのように噛んでしまうこと。このように赤ちゃん返りではありませんが幼児のような行動を起こす事例は存在します。適応障害と発達障害の違いはどこにあるのか見てみることにしましょう発達障害はコミュケーションが取れない障害自閉症・アスペルガー症候群・ADHDといった発達障害は先天性を含むコミュケーシ...

ADHDとは注意欠陥・多動性障害と呼ばれる発達障害です。簡単にいうと、「集中力がない・じっとしてられない・思ったことを行動に移す」のこの3つがADHDの特徴です。特徴を見ると適応障害の症状にも集中力がなかったり共通する点が数多く見受けれます。その共通点を見ていきましょう。ADHDと適応障害の共通点片付けが苦手物忘れが多い他の人への迷惑行為適応障害者には万引き、落書きなどの迷惑行為を起こす事例を見る...

自律神経失調症とはその名のとおり自律神経の乱れにより精神と身体に大きな負担がかかることのことを言います。自律神経は基礎代謝と深い関係があり、基礎代謝が高いほど自律神経は正常になっていて、心のバランスが取れている状態です。しかし、ストレスや代謝の低下にやる自律神経が乱れると精神不安、肌荒れ、腹痛、頭痛などを引き起こしてしまうのです。女性特有の症状である月経前症候群(PMS)から併発するとされています...

アスペルガー症候群とは対人コミュニケーションを苦手とする症状です。今の現代社会で、アスペルガー症候群の可能性が高い人が少しずつ増えており、大人の発達障害の1つとして位置づけられています。適応障害の症状にもコミュニケーションが取れなくなるという事例があるように、大人の発達障害の症状が出ている可能性があるということかもしれません。アスペルガー症候群は先天性が多いアスペルガー症候群は先天性の脳機能障害の...

総合失調症とは、思い込みに歯止めが利かなくなる。幻覚や妄想、極度の緊張感と興奮と感情が爆発している状態です。とくに適応障害の暴力行為に共通している点はあるかもしれません。投げやり!焦り!怒りで自分でコントロールができない適応障害の行為に暴力、破壊、窃盗(人を切りつけるなど)を引き起こす事例があります。その大半は感情のコントロールができないのが犯行の原因です。時が経ち感情も落ちついた頃に初めて自分の...

不安障害とはパニック障害・外傷性ストレス障害(PTSD)・急性ストレス障害・全般性不安障害などの総合的にまとめた総称です。調べてみると適応障害の症状の1つとして不安障害の似た症状に似ている点がいくつかあります。その適応障害の部類にある不安障害と違いはあるのか見てみましょう。不安障害と適応障害の違い不安障害の原因は不明であること。適応障害の原因ははっきりしていることな大きな違いではないかと思っていま...

パニック障害は芸能人に多く見られますよね。兄弟漫才コンビのお兄さんや、人気ヘアメイクアーティストなど。その道を極める人がなりやすい症状かもしれません。パニック障害は不安障害と同じ部類に位置づけられています。適応障害にもパニック障害と同じ症状が見受けられますがその違いはどこにあるのでしょうか。パニック障害の違いはどこか?適応障害にもパニック障害と同じ動悸、息切れ、めまいなど起こることがあります。スト...

過呼吸とは極度の緊張は不安などに襲われる時に呼吸が苦しく乱れて、息することご困難になる症状のことです。その症状に陥ると体内の二酸化炭素の濃度が低くなり、胸の苦しみやめまい悪化すると失神してしまうことも。適応障害を引き起こす時に場合によっては過呼吸になる事例も存在します。過呼吸と適応障害の原因に共通してる点ががあるかもしれません。過呼吸と適応障害の原因適応障害者は今いる環境に人の倍以上のストレスをた...

PTSDは心的外傷性ストレス障害簡単に言うとトラウマです。トラウマと適応障害はいろいろな症状の中で1番関連性が強いのでないかと思っています。自身もあるトラウマで適応障害と吃音症を引き起こしてしまったことがあるからです。PTSDは突然、1番辛い思い出をフラッシュバックを引き起こして不登校や会社へ行きたくないという原因が大きいのです。PTSDは誰でも引き起こすストレス障害適応障害は心因的なストレスから...

適応障害は、うつ病などと同じく「精神疾患」の1つです。しかし、その実態はあまり広く知られていません。また、適応障害の症状が精神疾患だという意識があるという人も少ないでしょう。しかし、適応障害はれっきとした精神疾患で、治療が必要なものです。ここでは、精神疾患としての適応障害について考えてみましょう。精神疾患とは精神疾患とは、精神障害と同じもので、それには、統合失調症、うつ病などの気分障害、パニック障...

適応障害では、しばしば他の精神疾患を併発したり、適応障害が悪化して、他の疾患になってしまうということもあります。よく聞くのは、適応障害が悪化してうつ病になってしまうというパターンですが、摂食障害を併発することもあるようです。ここでは適応障害と摂食障害について考えてみましょう。摂食障害とは摂食障害とは、拒食症や過食症のことを言います。長期にわたって、ご飯が食べれなかったり、大量に食べて吐くといったよ...

蕁麻疹というのは、アレルギー体質の人にできるものだと思い込んではいないでしょうか。しかし、実際は、心因性蕁麻疹といって、ストレスからできてしまう蕁麻疹もあるのです。適応障害はストレスが関係している病気ですが、適応障害の症状として蕁麻疹ができることはあるのでしょうか。ここでは、適応障害と蕁麻疹について掘り下げていきましょう。心因性蕁麻疹とはストレスが原因でできてしまう蕁麻疹のことを「心因性蕁麻疹」と...

適応障害では、「抑うつ症状」という、憂鬱な気持ちが続くといううつ病のような症状が現れます。ですが、うつ病とは違いますから、憂鬱な気持ちを感じず、普通に過ごせるときもあるでしょう。こういった症状から、躁鬱だと思ってしまうこともあるかもしれません。ここでは、適応障害と、躁鬱について考えてみましょう。躁鬱とは以前は「躁鬱病」という言葉でよく知られていた病気がありますが、今は「双極性障害」というのが正式名...

がんというのは、とてもショッキングな病気ですよね。がんだと言われたら、誰しも驚いてしまうでしょうし、その治療も容易なものではありません。適応障害になるきっかけというのは、さまざまな要因が考えられますが、実はがんもその要因になり得るというのはご存知でしょうか。ここでは、適応障害とがんについてご説明していきます。がんだと診断されたらがんだと診断されたら、その病状や治療計画によっては、それまでの生活とは...

「てんかん」という言葉は、聞いたことがあっても、実際にどういうものかを知っているという人は多くはないのではないでしょうか。てんかんは精神疾患ではなく、神経疾患ですが、適応障害と併発するという場合もあります。ここでは、てんかんとは何か、適応障害とはどう関係があるのかをみていきましょう。てんかんとはてんかんとは、てんかん発作という発作を繰り返す病気です。これは、脳の慢性疾患だとされていて、脳の神経細胞...

「パーソナリティ障害」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。これも精神疾患の1つで、周囲とは異なる行動をすることについて、本人や周りが苦しんだり困ったりするということが起こるものです。適応障害とは違う病気ではありますが、全く無関係だとは言えなさそうです。ここでは、適応障害とパーソナリティ障害について考えていきましょう。パーソナリティ障害とはパーソナリティ障害には、さまざまな種類があります。よく聞...

「ヘルペス」という言葉を聞いたことがないという人は少ないでしょう。ヘルペスとは、見た目には水ぶくれが集まっているような状態ですが、ヘルペスウイルスというものによる感染症です。このヘルペスは、ウイルス感染ですから、適応障害とは関係ないように思えますが、本当に関係はないのでしょうか。ここでは、適応障害とヘルペスについて考えてみましょう。ヘルペスはストレスで発症することもある前述の通り、ヘルペスとは、ヘ...

適応障害はストレスが深く関わっている精神疾患です。そのため、身体症状として、ストレスと密接なかかわりのあるものが、出て来ることがよくあります。その中の1つに数えられるのが、逆流性食道炎でしょう。ここでは、逆流性食道炎と適応障害についてご説明していきます。逆流性食道炎とは逆流性食道炎とは、その名前から想像できるとおり、胃の内容物が食道に逆流してしまうものです。このために、食道の粘膜が傷つき、炎症を起...

適応障害の症状では、しばしば頭痛が起こることがあります。この頭痛には、緊張性頭痛や偏頭痛など、いくつかの種類がありますが、あまり聞いたことのない「群発頭痛」というものも存在しています。この群発頭痛は適応障害の症状として現れることがあるのでしょうか。ここでは、適応障害と群発頭痛について、ご説明していきます。群発頭痛とはまずは、あまり耳にしたことのない群発頭痛がどのようなものなのかを知っておきましょう...

適応障害は精神疾患ですが、適応障害が原因で体に現れるさまざまな症状は「心身症」と言われます。この心身症の代表的なものといえば、胃炎や胃潰瘍、偏頭痛というようなものですが、精神的なストレスが原因で起こる場合、高血圧も心身症に区別されます。ここでは、適応障害と高血圧について、掘り下げていきましょう。高血圧とは高血圧とは、みなさんご存知のとおり、血圧が病的に高い状態のことです。高血圧の原因には、生活習慣...

適応障害が原因で、別の病気にもなってしまったり、悪化して別の精神疾患も発症してしまったりということは、しばしば起こります。こういうものを合併症といいます。適応障害で考えられる合併症にはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは、適応障害と合併症についてご説明していきます。適応障害と合併症合併症と聞くと、手術などが原因で起こる病気のことを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。しかし、ここでいう合...

認知症とは脳は人間の活動をコントロールしている司令塔になります。脳の働きが上手くいかなければ身体活動も精神活動もスムーズに行う事ができません。認知症は、いろいろな事が原因で脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなってしまったために、様々な障害が起こり生活に支障が出ている状態のことを指します。認知症は病名ではなく、病名がはっきりしない症候群の事を指します。医学的には診断が認められず、原因もはっきりし...

知的障害とは知的障害とは、発達期までに生じた知的機能の障害により、認知能力の発達が全般的に遅れた水準にとどまっている状態をさします。厚生労働省の基準では、知的勝敗は精神遅滞とも表される、知的発達の障害です。知的機能や適応機能に基づいて判断され、知能指数により分類されるとされています。知的障害に良く見られる行動リストとしては、理解能力や表現力が乏しい・記憶量が少ない・未熟さが消えない・コミュニケーシ...

適応障害と併発する疾患(うつ病)適応障害はストレス障害ですが、うつ病の診断基準を満たさないという理由で敵嘘うがいとされるケースが少なく有りません。5年後には40%の人がうつ病などの精神疾患に診断名を変更された尾言う統計もあり、適応障害はうつ病の予備軍であるとも言えます。うつ病は精神障害の中でも比較的有名な病気ですが、神経伝達物質であるセロトニンの分泌異常が原因だとされています。適応障害とは違い、ス...

適応障害と類似した障害働く方に多く見られる病気としては、気分障害があります。気分障害としてはうつ病・双極性障害・気分変調障害といったものがあります。特に似ているといわれる疾患としては、うつ病、非定型うつ病、PTSDになります。適応障害の抑うつ感は、軽度のうつ病と見分けが殆どつきません。唯一の違いとは、原因となるはっきりとしたストレスがあるかないかの違いです。そしてうつ病や非定型うつ病、不安障害等は...

ストレスと喘息について喘息というと子どもの病気というイメージが強いような気がしますが、成人後に発症する大人喘息というものもあります。大人の喘息はアレルギー気質など起動が過敏になる体質がある方におこる病気で、発作的に咳がでる・呼吸するとヒューヒューする・息が苦しくなるといった症状がおこります。しかし、大人喘息の場合には血液や皮膚でのアレルギー検査では特定の原因が発見できずに、家老やストレスなどが原因...

スポンサーリンク