適応障害と別人のような性格

適応障害と別人のような性格

別人とは

別人とはその人とは別の人、またはその人とは別の人のように見える事を言います。外見で言うと、太ったり痩せたりという事があります。結婚を境に別人のように太ってしまったり、出産を期に別人のように太ってしまったりと言う事があります。また、離別や離婚と言ったことが原因で激痩せをしてしまう、病気により激やせをしてしまい別人のようだ表現される事があります。

 

また、事件などに巻き込まれた被害者家族などの場合も別人になってしまうと言う事があります。これは精神的なことが原因になりますが、酷く落ち込んでしまい無表情な状態になったり、逆に凶暴になってしまったりする事があります。加害者に対する、怒りや悲しみと言ったことが原因ですが、精神的に衝撃を受けるようなことがきっかけで別人のようになってしまうと言う事があります。

 

適応障害と別人のような性格について

精神疾患と別人のようになるという報告があります。人が変わってしまうというのは心に元仁がある可能性柄居ます。今までと人が変わってしまったように見える事は時にあります。仕事は適度にこなし、アフターファイブが生きがいという人が、突然仕事が生きがいとなる個とや仕事が生きがいだった人が、プライベートを生きがいとして定時になると帰宅してしまうといった傾向もあります。それは、単にモチベーションに問題があることもありますが、新しい興味の対象が見つかっただけの事かもしれませんが、心の病が原因になっているかもしれません。

 

精神疾患の場合、現実や非現実の境が低下してしまう事が顕著に現れる事があります。妄想や幻覚といった症状が現れる場合もあります。適応障害の場合、行動面の症状は抑うつ状態が原因の不安や焦り、怒りといった気持ちが不安定になる状態になり、声を荒げて怒り出したり、突然泣き出したりと言う事があります。周囲からは、性格が変わってしまったと誤解されてしまう事があります。

スポンサーリンク


関連ページ

症状の特徴
チェックリスト
甘え
適応障害とうつ病の違い
再発する可能性
原因不明の体調不良
周りと馴染めない
接し方
なかなか治らない
行動の変化
うつ状態
子供
悪化
吐き気
頭痛
イライラ
めまい
動悸
不安感
不眠症
眠気
泣くことについて
攻撃的になるのか
後遺症があるのか
自傷行為
物忘れ
無気力
下痢
外出ができない
軽度
発熱
脳はどうなっているのか
発作のようなものはあるのか
被害妄想
わがままとの違い
慢性化
暴力
幼児
30代まで
40代
50代
その後の経過
だるい時
胃痛や腹痛
耳鳴り
自覚できるのか
重度
寝たきりになることはあるか
対人恐怖
怠けか
問題行動
ギャンブル依存
ストレス障害
ネガティブなのか
ヒステリー
ぼーっとすることはある?
寒気を感じるとき
愚痴が多くなる?
五月病
言い訳
罪悪感の感じ方
指しゃぶりの行動
なりやすい人は心が弱いのか
笑えない人が多い
寝汗をかきやすいのか
声が出ないと言う事があるのか
絶望感
前兆
早朝覚醒がおこるのか
痩せる傾向にあるのか
昼間の眠気
電話が怖いという感情
頭が働かない
特定の人の前でおこる症状
独り言
日内変動
年齢と症状の変化
抜毛
判断力
疲れ
表情との関係
分類
返事や返信
便秘
暴飲暴食
暴言
味覚
無口
目の症状
夜の症状
幼少期
老人
嘔吐
扁桃腺
再発率