適応障害と目の症状

適応障害と目の症状

目の病気

めまいのなかには回転性のめまいや身体がふらつく浮動性のめまいというものがあります。また、立ち上がったときにクラットするようなふらつき(立ちくらみ)がおこることもあります。また、眼精疲労が原因といわれている視性めまいというものもあります。

 

視性めまいには、空間認知障害や強い光による衝撃など様々な要因がありますが、眼精疲労も視性めまいの大きな要因といわれており、眼精疲労が慢性化し毛杖筋お流れが悪くなる血流障害が原因でふらつきなどのめまいを誘発しやすくなります。

 

精神疾患障害からおこるめまいの場合は明確な診断基準が難しく、メニエール病や突発性難聴や小脳出血・脳障害などのようにどのはっきりとした病名のめまいとは異なります。その為、眼精疲労診断されてしまうケースも多くあります。眼精疲労が原因によるめまいの対策としては、パソコンなどのデジタル機器を利用されている場合には、こまめに休憩をとりながら作業をすることをお勧めします。

 

スマートフォンなども、必要最低限の利用としゲームなどをしながら通勤をするといったことを避けたほうが良いでしょう。また、血流促進の為の軽い運動(ウォーキング)などをする事をお勧めします。

 

適応障害と目の症状について

適応障害は様々なストレスが原因でおこり、症状も個人によってまちまちです。目の疾患に似た症状でいうと、めまいやふらつき(立ちくらみ)のような症状、フラフラしてしまう、真っ直ぐ歩く事が難しい、フワフワとした感覚がするといった症状が眼精疲労と勘違いしやすいものになります。

 

眼精疲労によるめまいの対策をしても、改善がされなかったりめまい以外にも適応障害と思われるような症状を併発している場合には、眼科ではなくメンタルクリニックで受診をする事をお勧めします。

スポンサーリンク


関連ページ

症状の特徴
チェックリスト
甘え
適応障害とうつ病の違い
再発する可能性
原因不明の体調不良
周りと馴染めない
接し方
なかなか治らない
行動の変化
うつ状態
子供
悪化
吐き気
頭痛
イライラ
めまい
動悸
不安感
不眠症
眠気
泣くことについて
攻撃的になるのか
後遺症があるのか
自傷行為
物忘れ
無気力
下痢
外出ができない
軽度
発熱
脳はどうなっているのか
発作のようなものはあるのか
被害妄想
わがままとの違い
慢性化
暴力
幼児
30代まで
40代
50代
その後の経過
だるい時
胃痛や腹痛
耳鳴り
自覚できるのか
重度
寝たきりになることはあるか
対人恐怖
怠けか
問題行動
ギャンブル依存
ストレス障害
ネガティブなのか
ヒステリー
ぼーっとすることはある?
寒気を感じるとき
愚痴が多くなる?
五月病
言い訳
罪悪感の感じ方
指しゃぶりの行動
なりやすい人は心が弱いのか
笑えない人が多い
寝汗をかきやすいのか
声が出ないと言う事があるのか
絶望感
前兆
早朝覚醒がおこるのか
痩せる傾向にあるのか
昼間の眠気
電話が怖いという感情
頭が働かない
特定の人の前でおこる症状
独り言
日内変動
年齢と症状の変化
抜毛
判断力
疲れ
表情との関係
分類
別人のような性格
返事や返信
便秘
暴飲暴食
暴言
味覚
無口
夜の症状
幼少期
老人
嘔吐
扁桃腺
再発率