適応障害の症状にはどんな特徴があるのか

適応障害の症状にはどんな特徴があるのか

適応障害の症状とは

適応障害の症状の中でも初期に表れる症状は、遅刻や欠勤などがあげられます。

 

また、酷くなるとうつ病のような症状がでることや暴力、アルコールの多量飲酒なども出てきます。突発的な行動や感情をコントロールできなくなってしまうこともあり、メンタル面の病気は自傷他害行為のリスクも高まる危険な病気です。

 

特に、重度になると「自分は何もできない人間」「自分なんていない方が良い」と思い詰めてしまうこともあり、自殺の心配もでてきます。

 

適応障害の早期発見

適応障害はなかなか自覚しづらい病気です。そのため、小さな変化を見落としてしまうことも多いのも特長です。初期の症状として、人と会いたくないことや休みの日に出掛けることが億劫になるということもあります。

 

些細な症状なため、「疲れ」だと思い込みがちですが、実はこの症状には適応障害以外にもうつ病や双極性障害などの初期症状である可能性も少なくないのです。

 

万が一、そのような症状が続くのであれば、一度医療機関に相談することも大切です。どこに受診したら良いかわからない人も多いのですが、心療内科や精神科を受診することをおししめします。

 

適応障害になる人の性格

適応障害は誰にでも発症する可能性がある病気です。しかし、適応障害になる人は、比較的神経質で生真面目な性格を持っている人が多いと言われています。真面目な性格が完璧な自分や弱さを見せない自分を作ってしまい、周囲に頼ることや相談することができないのも特徴です。

 

「おかしいな」、「最近、いつもの自分と違うな」と思うことや、周囲の人にこのような性格を持つ人がいる方は、無理のない生活や医療機関の受診をおすすめします。

スポンサーリンク


関連ページ

チェックリスト
甘え
適応障害とうつ病の違い
再発する可能性
原因不明の体調不良
周りと馴染めない
接し方
なかなか治らない
行動の変化
うつ状態
子供
悪化
吐き気
頭痛
イライラ
めまい
動悸
不安感
不眠症
眠気
泣くことについて
攻撃的になるのか
後遺症があるのか
自傷行為
物忘れ
無気力
下痢
外出ができない
軽度
発熱
脳はどうなっているのか
発作のようなものはあるのか
被害妄想
わがままとの違い
慢性化
暴力
幼児
30代まで
40代
50代
その後の経過
だるい時
胃痛や腹痛
耳鳴り
自覚できるのか
重度
寝たきりになることはあるか
対人恐怖
怠けか
問題行動
ギャンブル依存
ストレス障害
ネガティブなのか
ヒステリー
ぼーっとすることはある?
寒気を感じるとき
愚痴が多くなる?
五月病
言い訳
罪悪感の感じ方
指しゃぶりの行動
なりやすい人は心が弱いのか
笑えない人が多い
寝汗をかきやすいのか
声が出ないと言う事があるのか
絶望感
前兆
早朝覚醒がおこるのか
痩せる傾向にあるのか
昼間の眠気
電話が怖いという感情
頭が働かない
特定の人の前でおこる症状
独り言
日内変動
年齢と症状の変化
抜毛
判断力
疲れ
表情との関係
分類
別人のような性格
返事や返信
便秘
暴飲暴食
暴言
味覚
無口
目の症状
夜の症状
幼少期
老人
嘔吐
扁桃腺
再発率