適応障害とうつ状態

適応障害とうつ状態

適応障害の症状には異常な行動を示すケースと心の精神的不安定から来るケースがあると言われています。

 

適応障害の主な原因は、新しい環境に慣れないことから極度のストレスです。

 

そのストレスが心にとてつもないダメージを与えていることは想像以上でしょう。

 

今回は適応障害におけるうつ状態について見ていきましょう。

 

うつ病とは違う適応障害

厚生労働省では適応障害はうつ病の前段階として認識しているらしく、うつ病とは違うニュアンスで捉えています。

 

うつ病と適応障害が区別される点は行動面にあるとされ、例えば仕事のストレスでパチンコにハマり依存傾向に陥ってしまったとします。この状況にうつ病の症状には無いことが分かっています。

 

「分かっているけど止めらない」という状態が適応障害者にありがちで、行きすぎた行動で家族やその周囲の人からも「あの人の性格が変わってしまった」と見られて、「自分はやっぱおかしいんだ」とうつ状態になっていくのです。

 

依存傾向に陥るとだんだん罪悪感が薄れていき、例えば「パチンコするとお金がすぐ消えていくと分かっていても、儲けの味を忘れられずついお金がなくなるまでやってしまう。」のと似ています。

 

うつ病の場合は、「自分が悪い」と自責の念は生まれますが、適応障害の場合は自責の念が少ないかもしれません。

 

ストレスから来る適応障害ならではの違い

ストレスが原因で適応障害になる人とうつ病の人の違いは心の余裕です。

 

うつ病の人はストレスがたまってなくても、抑うつ状態が続きます。今日は気分がよくても次の日は気分が重く仕事を休むといった状態ですが、適応障害の場合はストレスをなくす環境を作ると、ストレスの重圧から解放されるため、趣味で自分の居場所を作り心のケアができるのです。

 

適応障害は少し心が疲れている状況であり、これが2週間以上続くとうつ系の病気に診断されることが多いようです。

 

適応障害は心の疲れだと思って放置しておくと重病化してさらに重い病気になるリスクが高いので早めの治療が必要となります。

スポンサーリンク


関連ページ

症状の特徴
チェックリスト
甘え
適応障害とうつ病の違い
再発する可能性
原因不明の体調不良
周りと馴染めない
接し方
なかなか治らない
行動の変化
子供
悪化
吐き気
頭痛
イライラ
めまい
動悸
不安感
不眠症
眠気
泣くことについて
攻撃的になるのか
後遺症があるのか
自傷行為
物忘れ
無気力
下痢
外出ができない
軽度
発熱
脳はどうなっているのか
発作のようなものはあるのか
被害妄想
わがままとの違い
慢性化
暴力
幼児
30代まで
40代
50代
その後の経過
だるい時
胃痛や腹痛
耳鳴り
自覚できるのか
重度
寝たきりになることはあるか
対人恐怖
怠けか
問題行動
ギャンブル依存
ストレス障害
ネガティブなのか
ヒステリー
ぼーっとすることはある?
寒気を感じるとき
愚痴が多くなる?
五月病
言い訳
罪悪感の感じ方
指しゃぶりの行動
なりやすい人は心が弱いのか
笑えない人が多い
寝汗をかきやすいのか
声が出ないと言う事があるのか
絶望感
前兆
早朝覚醒がおこるのか
痩せる傾向にあるのか
昼間の眠気
電話が怖いという感情
頭が働かない
特定の人の前でおこる症状
独り言
日内変動
年齢と症状の変化
抜毛
判断力
疲れ
表情との関係
分類
別人のような性格
返事や返信
便秘
暴飲暴食
暴言
味覚
無口
目の症状
夜の症状
幼少期
老人
嘔吐
扁桃腺
再発率