適応障害には後遺症があるのか

適応障害には後遺症があるのか

適応障害の治療や療養をして、社会生活に支障がなく生活できるように回復したとします。

 

実際に、これで終わり。とい上人はどのくらいいらっしゃるのでしょうか。

 

適応障害に1度なってしまえば、一生付き合っていかないと行けないの?それとも後遺症に悩まなければいけないのか。うつ病にはない苦しみがある気がします。

 

適応障害を完治しても後遺症が出る

ルーチンワークが得意だけど、クレーム対応といった予想外の対応が起きるのは嫌だ。

 

あの人がいる限り仕事が回っていけない。

 

姑さんと離れて暮らせれば・・。

 

休んでいても不安がのこる。

 

適応障害になりやすい要素から考えてみました。

 

適応障害はストレスの原因を緩和させて完治したとしても、自分の生活に不安があれば、またフラッシュバックして症状が悪化さてしまうケースがあります。

 

とくに不安障害が強い人は、フラッシュバックという後遺症に悩んでいることが多く、仕事を休職して療養している状況でも不安と孤独とフラッシュバックで苦しんでいるのです。

 

よく「円満な人間関係を築けば」という言葉を耳にしたり、口にしたりしますが、その言葉がプレッシャーになり、ますます不安が強くなるのです。

 

後遺症から脱出するのは

適応障害の後遺症から脱出するには、今の環境から逃げられるのは逃げても良いのかなと考えています。

 

逃げる=負けるより耐える=死に至るよりは逃げで生きる要素を見つけてほしい。

 

適応障害は人間誰しも患うモノであれば、自分はこういう生き物なんだと割り切って生きていくことも悪くない気がします。

 

そして、自分が仕事で身につけたスキルは必ず新しい何かに役に立ちます。

 

役に立たないものはありません。適応障害の後遺症をプラスにできる環境があることを祈るばかりです。

スポンサーリンク


関連ページ

症状の特徴
チェックリスト
甘え
適応障害とうつ病の違い
再発する可能性
原因不明の体調不良
周りと馴染めない
接し方
なかなか治らない
行動の変化
うつ状態
子供
悪化
吐き気
頭痛
イライラ
めまい
動悸
不安感
不眠症
眠気
泣くことについて
攻撃的になるのか
自傷行為
物忘れ
無気力
下痢
外出ができない
軽度
発熱
脳はどうなっているのか
発作のようなものはあるのか
被害妄想
わがままとの違い
慢性化
暴力
幼児
30代まで
40代
50代
その後の経過
だるい時
胃痛や腹痛
耳鳴り
自覚できるのか
重度
寝たきりになることはあるか
対人恐怖
怠けか
問題行動
ギャンブル依存
ストレス障害
ネガティブなのか
ヒステリー
ぼーっとすることはある?
寒気を感じるとき
愚痴が多くなる?
五月病
言い訳
罪悪感の感じ方
指しゃぶりの行動
なりやすい人は心が弱いのか
笑えない人が多い
寝汗をかきやすいのか
声が出ないと言う事があるのか
絶望感
前兆
早朝覚醒がおこるのか
痩せる傾向にあるのか
昼間の眠気
電話が怖いという感情
頭が働かない
特定の人の前でおこる症状
独り言
日内変動
年齢と症状の変化
抜毛
判断力
疲れ
表情との関係
分類
別人のような性格
返事や返信
便秘
暴飲暴食
暴言
味覚
無口
目の症状
夜の症状
幼少期
老人
嘔吐
扁桃腺
再発率