老人の適応障害

老人の適応障害

高齢者の適応障害

適応障害というと学校や職場でのストレスが原因と考えられる事も多く、比較的若い年齢層に起こるというイメージがあるかと思います。しかし、老人にもおこる可能性がある病気になります。老化すると言う事は、今まで出来ていた事が出来なくなってしまう可能性があるのです。

 

具体的に言うと、今まで普通に見えていた小説や新聞の文字が見えにくくなり老眼鏡をかけなければ見えなくなってしまったり、呼ばれているのに聞こえなかったり、テレビやラジオの音を大きくしないと聞こえにくくなり補聴器をつかわなければいけないなどが有ります。また、体力の低下や疾患の増加、友人が亡くなるなどの環境の変化が適応障害になる原因になっています。

 

また、同居や死別・離別・子どもたちの独立と言ったことから家庭環境が変わったり、定年退職による人間関係の崩れによる孤独感や、家にいる事で妻へのストレスと言ったことも原因のひとつといわれています。

 

適応障害と認知症の区別について

高齢者の適応障害は、性格の傾向が大きく影響してきます。融通が利かない頭の固い人は、余計頑固になってしまったり、几帳面な人は更に几帳面意なったりと短所が表に出てくるのも特徴です。人との摩擦の頻度も多くなり人間関係に影響が出てきます。その為、孤独になってしまい状況は悪化します。

 

こうした、環境の変化により本人の性格が前面に出てくるものは適応障害になります。しかし気をつけなければならないのが認知症との区別です。適応障害には、抑うつを伴う症状があります。引きこもっていたり、脱力感がでて何もする気がおきなかったりといった症状です。しかし、こうした症状は認知症と勘違いされやすいので気をつけなければいけません。

 

認知症は画像診断で脳をみればはっきりと異常が認められるため、判断が容易に出来ます。適応障害の場合には健康な人と殆ど変わりません。適応障害と認知症は治療法が異なりますので正しい診断を受けて治療に当たることは重要です。

スポンサーリンク


関連ページ

症状の特徴
チェックリスト
甘え
適応障害とうつ病の違い
再発する可能性
原因不明の体調不良
周りと馴染めない
接し方
なかなか治らない
行動の変化
うつ状態
子供
悪化
吐き気
頭痛
イライラ
めまい
動悸
不安感
不眠症
眠気
泣くことについて
攻撃的になるのか
後遺症があるのか
自傷行為
物忘れ
無気力
下痢
外出ができない
軽度
発熱
脳はどうなっているのか
発作のようなものはあるのか
被害妄想
わがままとの違い
慢性化
暴力
幼児
30代まで
40代
50代
その後の経過
だるい時
胃痛や腹痛
耳鳴り
自覚できるのか
重度
寝たきりになることはあるか
対人恐怖
怠けか
問題行動
ギャンブル依存
ストレス障害
ネガティブなのか
ヒステリー
ぼーっとすることはある?
寒気を感じるとき
愚痴が多くなる?
五月病
言い訳
罪悪感の感じ方
指しゃぶりの行動
なりやすい人は心が弱いのか
笑えない人が多い
寝汗をかきやすいのか
声が出ないと言う事があるのか
絶望感
前兆
早朝覚醒がおこるのか
痩せる傾向にあるのか
昼間の眠気
電話が怖いという感情
頭が働かない
特定の人の前でおこる症状
独り言
日内変動
年齢と症状の変化
抜毛
判断力
疲れ
表情との関係
分類
別人のような性格
返事や返信
便秘
暴飲暴食
暴言
味覚
無口
目の症状
夜の症状
幼少期
嘔吐
扁桃腺
再発率