適応障害と被害妄想

適応障害と被害妄想

適応障害の被害妄想は周囲から「考えすぎだよ」「思い込みが激しい人」と思われがちですが、被害妄想が強いと外出することさえ辛いといえるでしょう。
「えっ?そんなことで?」でも当事者は怖いんです。

 

被害妄想の原因とは

適応障害とトラウマの関連性は深く、例えば職場でパワハラなどの嫌がらせをされて職場を辞めたとします。

 

職場の人がまたどこかで潜んでいて転職活動の邪魔するんじゃと想像してしまうのです。

 

よって、ハローワークにも行けずに家に閉じこもっているケースがあると言われています。

 

癖だと思うんですが、通路と行き交う瞬間に鼻に口を充てる人を見ると「私って臭いの?」と思ってしまう。

 

全く関係ない内容で小話している女性グループをみると「私の悪口を言ってる」と思い込んでしまうのです。

 

その原因は「自分に自信がない」ことにつきますが、トラウマであるパワハラを受けたことで人と接するのが嫌になり、嫌になる心境が被害妄想へと発展するのではないかと考えています。

 

経験上、駅のプラットホームで立っていると誰かに突き落とされるのではないかという気持ちが強かったのです。それにより職場に通勤していた私鉄をが怖くて一時期、タクシーを頻繁に使っていたました。

 

被害妄想がひどいと総合失調症につながるかも

一時的な被害妄想なら良いのですが、これが1年以上続くと総合失調症の疑いがあるかもしれません。

 

総合失調症は、被害妄想や幻聴など、感情の不安定や周囲の無関心などの症状が見られます。

 

適応障害はうつ病の前段階と位置づけられるようになってから、被害妄想がだんだんひどくなる場合はメンタル科に相談に行くようにして、早めの対処と症状の経過を把握することが必要です。

スポンサーリンク


関連ページ

症状の特徴
チェックリスト
甘え
適応障害とうつ病の違い
再発する可能性
原因不明の体調不良
周りと馴染めない
接し方
なかなか治らない
行動の変化
うつ状態
子供
悪化
吐き気
頭痛
イライラ
めまい
動悸
不安感
不眠症
眠気
泣くことについて
攻撃的になるのか
後遺症があるのか
自傷行為
物忘れ
無気力
下痢
外出ができない
軽度
発熱
脳はどうなっているのか
発作のようなものはあるのか
わがままとの違い
慢性化
暴力
幼児
30代まで
40代
50代
その後の経過
だるい時
胃痛や腹痛
耳鳴り
自覚できるのか
重度
寝たきりになることはあるか
対人恐怖
怠けか
問題行動
ギャンブル依存
ストレス障害
ネガティブなのか
ヒステリー
ぼーっとすることはある?
寒気を感じるとき
愚痴が多くなる?
五月病
言い訳
罪悪感の感じ方
指しゃぶりの行動
なりやすい人は心が弱いのか
笑えない人が多い
寝汗をかきやすいのか
声が出ないと言う事があるのか
絶望感
前兆
早朝覚醒がおこるのか
痩せる傾向にあるのか
昼間の眠気
電話が怖いという感情
頭が働かない
特定の人の前でおこる症状
独り言
日内変動
年齢と症状の変化
抜毛
判断力
疲れ
表情との関係
分類
別人のような性格
返事や返信
便秘
暴飲暴食
暴言
味覚
無口
目の症状
夜の症状
幼少期
老人
嘔吐
扁桃腺
再発率