適応障害のときの脳はどうなっているのか

適応障害のときの脳はどうなっているのか

自閉症などの先天性の脳障害と分かっていると、前頭葉の働きが低下しているとされています。

 

では、適応障害のときの脳のきはどうなっているのでしょうか。

 

自閉症みたく、どこかの機能が低下しているのか過剰に働いているのか?探ってみましょう。

 

適応障害の脳の働き

適応障害のときの脳の動きを簡単に言うと、「頭で分かっていても行動ができない」ということです。

 

「??しないといけないから行動しなさい。」と指示を出すのが大脳です。大脳には左脳と右脳(大皮質)が正常に動いていると考えてること体が行動を起こすことが一致して「??日に書類を送る」という行動が可能になるいうわけです。

 

適応障害の場合は、大皮質の働きが低下しているため、片付けられない人を例えると「掃除はしたくてもやりたいと思わない。また後からやればいい。」と行動が置き去りになっている状況になっているのです。

 

不安要素に支配される要因

先天性の脳障害とされる自閉症にも見られますが、自閉症の人の特徴として精神的な安定を促すセロトニンの分泌が少ないと言われています。

 

適応障害に不安障害という症状があるように、セロトニンの分泌が少ないとすれば、セロトニンを分泌を促す脳と言われていますが、実は腸でセロトニンが作られていることが分かっており、腸は脳の動きや脳から伝達を体全体に伝える自律神経を支えている働きあり、腸内環境が悪いと、セロトニンの分泌はもちろんのこと。自律神経や大脳の働きも低下してしまうのです。

 

適応障害の不安要素を取り除く根本的なことは、腸内環境を整えること、つまり基礎代謝を良くしてデトックス効果を発揮できる生活をすることで、適応障害にならない可能性が高いということが分かったのです。

 

脳の働きに腸が影響してるとは思いませんでした。

 

根本的なことが分かれば、日々の生活の中で、適応障害にならないストレスの容量を増やすのはとても簡単かもしれません。

スポンサーリンク


関連ページ

症状の特徴
チェックリスト
甘え
適応障害とうつ病の違い
再発する可能性
原因不明の体調不良
周りと馴染めない
接し方
なかなか治らない
行動の変化
うつ状態
子供
悪化
吐き気
頭痛
イライラ
めまい
動悸
不安感
不眠症
眠気
泣くことについて
攻撃的になるのか
後遺症があるのか
自傷行為
物忘れ
無気力
下痢
外出ができない
軽度
発熱
発作のようなものはあるのか
被害妄想
わがままとの違い
慢性化
暴力
幼児
30代まで
40代
50代
その後の経過
だるい時
胃痛や腹痛
耳鳴り
自覚できるのか
重度
寝たきりになることはあるか
対人恐怖
怠けか
問題行動
ギャンブル依存
ストレス障害
ネガティブなのか
ヒステリー
ぼーっとすることはある?
寒気を感じるとき
愚痴が多くなる?
五月病
言い訳
罪悪感の感じ方
指しゃぶりの行動
なりやすい人は心が弱いのか
笑えない人が多い
寝汗をかきやすいのか
声が出ないと言う事があるのか
絶望感
前兆
早朝覚醒がおこるのか
痩せる傾向にあるのか
昼間の眠気
電話が怖いという感情
頭が働かない
特定の人の前でおこる症状
独り言
日内変動
年齢と症状の変化
抜毛
判断力
疲れ
表情との関係
分類
別人のような性格
返事や返信
便秘
暴飲暴食
暴言
味覚
無口
目の症状
夜の症状
幼少期
老人
嘔吐
扁桃腺
再発率