適応障害は痩せる傾向にあるのか

適応障害は痩せる傾向にあるのか

適応障害と食事

適応障害になっている人は、物を食べる意欲を欠いている人もいます。食べ物を美味しいと思わないと感じる場合や、食べ物自体を身体が受け付けないというケースがあります。現代の人は食生活が乱れているといわれています。コンビニなどの惣菜が充実し、好きなものを好きなだけ食べられる環境というのが、身体と心の不調の原因になっている可能性もあります。

 

ジャンクフードばかり食べている人は、イライラしやすいとう傾向にありますが適応障害の方も食事療法を行いバランスの良い食事を摂取する事で体の内面から改善していくことが根本的な治療のひとつになります。ストレス耐性への向上させる治療法として、脳内のセロトニンやノルアドレナリンと呼ばれる神経伝達物質の不足が原因とも言われています。

 

セロトニンはアミノ酸のトリプトファンから作られています。その働きとしては、ストレスを受けた神経の働きを和らげる事にあります。効果的な食品としては発芽玄米などの摂取があげられます。

 

その他の栄養素としてはカルシウムです。カルシウムが不足するとイライラすると言う事を聞いた事があるかもしれませんが、精神安定剤としての働きがありますので牛乳などの乳製品などを積極的に摂取する事でストレス耐性が高められる可能性があります。

 

適応障害の人は痩せやすい

適応障害の人が痩せやすいというのは、食べ物を美味しいと思わなかったり、食欲自体がないと言う事で身体が食事を受け付けないといった場合に起こります。適応障害はストレスが原因だといわれる病気です。適応障害の方でなくても、ストレスを感じていると食欲が落ちてしまったりします。

 

痩せる原因としては消費カロリー>摂取カロリーになるために痩せてきてしまいます。BMI(身長m2/体重)が22が標準体重といわれています。BMIの数値が18.5未満は痩せているという基準になりますので、今までのBMIと比較をしてどの位減っているかと言う事を確認しておくのも重要です。

 

適応障害の人は痩せやすい傾向にありますので、1日にどの位の摂取カロリーが必要かを確認して食欲がない場合にも適正なカロリーを摂取できるように心がける事が重要です。

スポンサーリンク


関連ページ

症状の特徴
チェックリスト
甘え
適応障害とうつ病の違い
再発する可能性
原因不明の体調不良
周りと馴染めない
接し方
なかなか治らない
行動の変化
うつ状態
子供
悪化
吐き気
頭痛
イライラ
めまい
動悸
不安感
不眠症
眠気
泣くことについて
攻撃的になるのか
後遺症があるのか
自傷行為
物忘れ
無気力
下痢
外出ができない
軽度
発熱
脳はどうなっているのか
発作のようなものはあるのか
被害妄想
わがままとの違い
慢性化
暴力
幼児
30代まで
40代
50代
その後の経過
だるい時
胃痛や腹痛
耳鳴り
自覚できるのか
重度
寝たきりになることはあるか
対人恐怖
怠けか
問題行動
ギャンブル依存
ストレス障害
ネガティブなのか
ヒステリー
ぼーっとすることはある?
寒気を感じるとき
愚痴が多くなる?
五月病
言い訳
罪悪感の感じ方
指しゃぶりの行動
なりやすい人は心が弱いのか
笑えない人が多い
寝汗をかきやすいのか
声が出ないと言う事があるのか
絶望感
前兆
早朝覚醒がおこるのか
昼間の眠気
電話が怖いという感情
頭が働かない
特定の人の前でおこる症状
独り言
日内変動
年齢と症状の変化
抜毛
判断力
疲れ
表情との関係
分類
別人のような性格
返事や返信
便秘
暴飲暴食
暴言
味覚
無口
目の症状
夜の症状
幼少期
老人
嘔吐
扁桃腺
再発率