適応障害と発熱

適応障害と発熱

適応障害の身体症状に発熱が起きることがあります。よく長期休暇が終わりに近づく土日に熱が出やすいうという人は、もしかしたら適応障害の疑いがあるかもしれません。

 

お盆休みに田舎の祖父母の家にいく直前に発熱がでてしまい、計画が台無しになった苦い思い出も・・・適応障害による身体症状の原因かもしれないと考えるようになりました。

 

どうして発熱が起こるのか

適応障害は環境が変化する状況に身体的にも精神的にも変化についていけない時に症状がでると言われています。

 

例えば、「お盆休みに田舎の祖父母のところに遊びにいくら、その日までに夏休みのドリルを終わらせておきなさい。」と両親に言われて、当日までドリルを終わらせよう頑張る姿勢はとても良いのですが、心では「終わらせない!終わらせないと!」焦りと緊張の日々が続いているんです。

 

そして、出かける前日に宿題が終わりました。ほっと力を抜けた時に発熱が出てしまうという・・・・。

 

??日までに何かを終わらすことは計画性があって良いことですが、極度に追い込むと焦りと不安で気がはっているのです。

 

目的が達成した時の解放感から、たまっていたモノが発熱となって出てしまうという適応障害の症状そのものです。

 

発熱が起きても批判しない

出かける間際に発熱をだして、計画が台無しになってガックリきても当事者を頭ごなしに批判しないようにしましょう。

 

当事者は前日まで頑張って宿題をやり遂げた。その疲れが当事者の心と身体にダメージが多かったと。もし、頭ごなしに批判したら、また出かけ間際に発熱をだすループに陥る可能性があります。

 

適応障害の改善は、当事者のストレスがたまらない程度の計画を一緒に考えてあげること。

 

そして、頭ごなしに「?しないといけない」と強く言わないように指示する側も言葉を選ぶ配慮も必要ということです。

スポンサーリンク


関連ページ

症状の特徴
チェックリスト
甘え
適応障害とうつ病の違い
再発する可能性
原因不明の体調不良
周りと馴染めない
接し方
なかなか治らない
行動の変化
うつ状態
子供
悪化
吐き気
頭痛
イライラ
めまい
動悸
不安感
不眠症
眠気
泣くことについて
攻撃的になるのか
後遺症があるのか
自傷行為
物忘れ
無気力
下痢
外出ができない
軽度
脳はどうなっているのか
発作のようなものはあるのか
被害妄想
わがままとの違い
慢性化
暴力
幼児
30代まで
40代
50代
その後の経過
だるい時
胃痛や腹痛
耳鳴り
自覚できるのか
重度
寝たきりになることはあるか
対人恐怖
怠けか
問題行動
ギャンブル依存
ストレス障害
ネガティブなのか
ヒステリー
ぼーっとすることはある?
寒気を感じるとき
愚痴が多くなる?
五月病
言い訳
罪悪感の感じ方
指しゃぶりの行動
なりやすい人は心が弱いのか
笑えない人が多い
寝汗をかきやすいのか
声が出ないと言う事があるのか
絶望感
前兆
早朝覚醒がおこるのか
痩せる傾向にあるのか
昼間の眠気
電話が怖いという感情
頭が働かない
特定の人の前でおこる症状
独り言
日内変動
年齢と症状の変化
抜毛
判断力
疲れ
表情との関係
分類
別人のような性格
返事や返信
便秘
暴飲暴食
暴言
味覚
無口
目の症状
夜の症状
幼少期
老人
嘔吐
扁桃腺
再発率