適応障害の人の治療の目標

適応障害の人の治療の目標

適応障害の人の目標は、症状を緩和して将来に向けて克服する力をつけることにあります。一度適応障害にかかってしまった人が再発するリスクも有ります。病気を治すことや再発させないように努める事が治療の目的となります。適応障害の治療の選択肢としては次のようなものがあります。

 

まず始めに精神療法ですが、ストレス要因をつきとめ対処技能方を学びます。サポートを見つける事に役立ちます。精神療法の形態には次ぎ様なものがあります。個人療法、ストレス管理療法、家族療法、集団療法と言ったものが上げられます。

 

次に薬物療法についてですが、これは精神療法と同時平行で医薬品を処方し症状の緩和を図る事があります。症状を恒久的に緩和する精神療法と異なり、薬物療法は一時的なものに過ぎません。そのため、あまり処方をされる可能性はないかもしれませんが、医薬品としては次のようなものがあります。抗不安薬、抗うつ薬、抗精神病薬といったものです。

 

適応障害の人の予後と予防

ほとんどの成人の場合には適応障害の治療によく反応します。長期的な見通しは良好ですが、若い人は治療に井幕反応せず精神病に陥ってしまう事もあります。適応障害を完全に防ぐという手段は有りませんが、障害が発生するリスクを抑える事は可能です。

 

まずは、家族や友人といった近い人に支援をしてもらうと言う事です。そしてストレスを感じ始めたら躊躇せずに医療機関に相談をしましょう。また、人生は自分の決めたとおりに行くものでは有りません。自分の進路について、必ずしもこうであると決め付けてしまうよりは柔軟性のある臨機応変な態度をとることが出来るように努めましょう。

 

また、物事を常に前向きに捉えられるようにする事や適度な運動や規則正しい食生活をおくるなど日常生活のリズムを大切にする事が、再発させない為には必要になってきます。

スポンサーリンク