適応障害と胃痛や腹痛

適応障害と胃痛や腹痛

適応障害では、さまざまな症状が体に現れます。適応障害の主たる原因がストレスなので、ストレスがたまると起こると思われている症状は、すべて現れる可能性があります。

 

その中の1つが胃痛や腹痛でしょう。胃痛や腹痛は、ストレスが原因で起こることの代表格ですね。

 

ここでは、適応障害で胃痛や腹痛があるときについて考えてみましょう。

 

適応障害で胃痛や腹痛があるとき

適応障害になってしまうと、さまざまな身体症状が出てきてしまいます。中でも、胃痛や腹痛は多くの方が感じる症状です。

 

これは、適応障害の原因となっているストレスが関係しています。そのストレスが原因で、胃炎を起こしたり、お腹を下したり、過敏性腸症候群のようになってしまったりするのです。

 

また、ストレスの原因となっている出来事に直面したときに、うまく回避できなかったりすると、お腹が痛くなるということがあるでしょう。

 

胃痛や腹痛が悪化すると、胃炎や胃潰瘍などの病気になりかねませんから、注意が必要です。

 

適応障害でお腹が痛いときの対処法

適応障害で、腹部に痛みがあるときにはどうしたらいいのでしょうか。そんな場合には、まずは主治医の先生に相談をしましょう。とりあえず、痛みを緩和するような治療を行うようになるでしょう。

 

ですが、胃痛や腹痛が改善されたからといって、適応障害がそのままだと、薬なしではお腹が痛いという状態になってしまいます。

 

ですから、適応障害自体を治療によって回復させる必要があります。

 

胃痛や腹痛については、適応障害と並行して緩和治療を行なっていき、精神療法や薬物療法で適応障害を治療していく必要があります。適応障害が改善されれば、胃痛や腹痛にも次第に悩まされなくなってくるでしょう。

スポンサーリンク


関連ページ

症状の特徴
チェックリスト
甘え
適応障害とうつ病の違い
再発する可能性
原因不明の体調不良
周りと馴染めない
接し方
なかなか治らない
行動の変化
うつ状態
子供
悪化
吐き気
頭痛
イライラ
めまい
動悸
不安感
不眠症
眠気
泣くことについて
攻撃的になるのか
後遺症があるのか
自傷行為
物忘れ
無気力
下痢
外出ができない
軽度
発熱
脳はどうなっているのか
発作のようなものはあるのか
被害妄想
わがままとの違い
慢性化
暴力
幼児
30代まで
40代
50代
その後の経過
だるい時
耳鳴り
自覚できるのか
重度
寝たきりになることはあるか
対人恐怖
怠けか
問題行動
ギャンブル依存
ストレス障害
ネガティブなのか
ヒステリー
ぼーっとすることはある?
寒気を感じるとき
愚痴が多くなる?
五月病
言い訳
罪悪感の感じ方
指しゃぶりの行動
なりやすい人は心が弱いのか
笑えない人が多い
寝汗をかきやすいのか
声が出ないと言う事があるのか
絶望感
前兆
早朝覚醒がおこるのか
痩せる傾向にあるのか
昼間の眠気
電話が怖いという感情
頭が働かない
特定の人の前でおこる症状
独り言
日内変動
年齢と症状の変化
抜毛
判断力
疲れ
表情との関係
分類
別人のような性格
返事や返信
便秘
暴飲暴食
暴言
味覚
無口
目の症状
夜の症状
幼少期
老人
嘔吐
扁桃腺
再発率