適応障害と泣くことについて

適応障害と泣くことについて

人は誰でも不安になりますし、悩むこともあります。それをどう付き合っていくか考えて生きているのです。

 

しかし、適応障害は考えるより不安の方が強く突然泣いてしまうこともあるのです。

 

このように不安障害が強く、自分でコントロールできない症状もあるということを私達は知っておく必要があります。

 

泣くのは自分が孤独だということ

「誰も理解してくれない。わかってくれない。」

 

「誰も助けてくれない。」という気持ちが心を支配していくと、泣くことしかできません。

 

そして、泣いていても何も解決しないこと。そして泣くことしかできない自分が惨めだ。とますます負のサイクルに陥ってしまいます。

 

適応障害者が突然泣いてしまう理由は「自分を理解してほしい」という意思表示だと考えていますが、いかがでしょうか。

 

これが甘えだと認識されしまうのも否めません。

 

自分本意しか考えない人、自己中心の人と思われてしまう要素が多すぎるからです。

 

誰も人の気持ちを理解することと、100%と当事者を助けることは不可能に近いのですから。

 

泣きたくなる時間がある

突然泣き出す人のことを調べてみると、ある時間帯が共通していました。

 

その時間帯は夕方です。とくに冬の時期は日が短いため、「1日が終わってしまう。また明日がくる」という衝動が、突然泣き出してしまうと考えています。

 

話を聞くと「夕日を見ているととても悲しくなる」という人が多く、明日をどうやって生きていけばいいのかと不安になるという。

 

1日を一生懸命に生きたことを実感する余裕がないのが適応障害の特徴ということです。

 

「辛いね、大変だったね。」という人も近くにいるということをお伝えしたいなと思います。

スポンサーリンク


関連ページ

症状の特徴
チェックリスト
甘え
適応障害とうつ病の違い
再発する可能性
原因不明の体調不良
周りと馴染めない
接し方
なかなか治らない
行動の変化
うつ状態
子供
悪化
吐き気
頭痛
イライラ
めまい
動悸
不安感
不眠症
眠気
攻撃的になるのか
後遺症があるのか
自傷行為
物忘れ
無気力
下痢
外出ができない
軽度
発熱
脳はどうなっているのか
発作のようなものはあるのか
被害妄想
わがままとの違い
慢性化
暴力
幼児
30代まで
40代
50代
その後の経過
だるい時
胃痛や腹痛
耳鳴り
自覚できるのか
重度
寝たきりになることはあるか
対人恐怖
怠けか
問題行動
ギャンブル依存
ストレス障害
ネガティブなのか
ヒステリー
ぼーっとすることはある?
寒気を感じるとき
愚痴が多くなる?
五月病
言い訳
罪悪感の感じ方
指しゃぶりの行動
なりやすい人は心が弱いのか
笑えない人が多い
寝汗をかきやすいのか
声が出ないと言う事があるのか
絶望感
前兆
早朝覚醒がおこるのか
痩せる傾向にあるのか
昼間の眠気
電話が怖いという感情
頭が働かない
特定の人の前でおこる症状
独り言
日内変動
年齢と症状の変化
抜毛
判断力
疲れ
表情との関係
分類
別人のような性格
返事や返信
便秘
暴飲暴食
暴言
味覚
無口
目の症状
夜の症状
幼少期
老人
嘔吐
扁桃腺
再発率