適応障害と自傷行為

適応障害と自傷行為

自傷行為とはリストカットと呼ばれるもので、カッターで自分の腕を切りつけるだけではなく、唇を噛んだり、あえて食事を食べない、髪の毛を抜くという行為も自傷行為の部類に入ります。

 

1番驚いたのが頭をガンガンと壁にぶつけたりすることです。

 

しかし、適応障害からなる不安を解消するたびに自傷行為に走ることもあるのです。

 

自傷行為は生きてる証

自分は生きてる価値がないんだ。と今に置かれている環境の精神的苦痛から起こる適応障害。

 

自分がいままでやれていたことができなかった。仲の良かったらママ友や同僚との関係がうまくいかない気がしてきた。

 

そこから来る疎外感、孤立、孤独、不安感から来る生きる意味がないから、何か生きることを証明したいからと自傷行為することがあります。

 

自傷行為をすると痛みが生じます。痛みを感じることで自分が生きてるということを証明しているのです。

 

自傷行為とは自分が生きる意味がないからと衝動に出る行為でありますが、生きている証として自傷行為をしている可能性もあるということです。

 

明るい人でも自傷行為はやっている

適応障害になる人は性格が明るい、暗いは関係がありません。一緒に遊んでいる時はとても自傷行為をしていない人でも、夜自分の部屋で・・・ということは多々あります。

 

いきなり自傷行為をし始めたらどうすればいいか、なるべく早くメンタル科に相談に行くことが良いのですが、なかなか本人が行きたがらないのがほとんどです。

 

放置しておくと、適応障害から不安障害へと併発する危険性が潜んでいるのです。

 

なるべく原因となるストレスを解消できる環境を整え、自傷行為を無くす行動に持っていくことが求められますが、うつ病と違い、一時的なことであるので、メンタル科に連れていけばいいのか、経過を見守るのか線引きが難しいかもしれません。

スポンサーリンク


関連ページ

症状の特徴
チェックリスト
甘え
適応障害とうつ病の違い
再発する可能性
原因不明の体調不良
周りと馴染めない
接し方
なかなか治らない
行動の変化
うつ状態
子供
悪化
吐き気
頭痛
イライラ
めまい
動悸
不安感
不眠症
眠気
泣くことについて
攻撃的になるのか
後遺症があるのか
物忘れ
無気力
下痢
外出ができない
軽度
発熱
脳はどうなっているのか
発作のようなものはあるのか
被害妄想
わがままとの違い
慢性化
暴力
幼児
30代まで
40代
50代
その後の経過
だるい時
胃痛や腹痛
耳鳴り
自覚できるのか
重度
寝たきりになることはあるか
対人恐怖
怠けか
問題行動
ギャンブル依存
ストレス障害
ネガティブなのか
ヒステリー
ぼーっとすることはある?
寒気を感じるとき
愚痴が多くなる?
五月病
言い訳
罪悪感の感じ方
指しゃぶりの行動
なりやすい人は心が弱いのか
笑えない人が多い
寝汗をかきやすいのか
声が出ないと言う事があるのか
絶望感
前兆
早朝覚醒がおこるのか
痩せる傾向にあるのか
昼間の眠気
電話が怖いという感情
頭が働かない
特定の人の前でおこる症状
独り言
日内変動
年齢と症状の変化
抜毛
判断力
疲れ
表情との関係
分類
別人のような性格
返事や返信
便秘
暴飲暴食
暴言
味覚
無口
目の症状
夜の症状
幼少期
老人
嘔吐
扁桃腺
再発率