恋愛が出来ない適応障害

恋愛が出来ない適応障害

恋愛とストレスについて

恋愛も人間関係の1つです。恋愛そのものにストレスを感じてしまうと言う事もあるでしょう。夢中に恋愛をしてしまうと、恋をたのしむどころかストレスすら感じる事もあります。その負担は精神面から身体面にまで影響を及ぼす事があります。

 

まずは、無理をしないと言う事です。相手の前で暗い表情を見せては嫌われそう、相手とは関係のないことだからと疲れを我慢して接しているのは危険です。

 

しかし、あまり無理に感情を抱え込むのは辞めたほうが良いでしょう。また、相手からの連絡をずっとまっているというのもストレスの原因になります。相手にも相手の時間があります。メールの返信は直ぐにできないときもありますので、期待をして待ちすぎたり返信が来なかったり遅い事に対して、悲しみを味わうというのはストレスの原因になります。返信の速さが愛の深さではありません。

 

恋愛と適応障害について

適応障害は生きていく中で、色々な壁に当たることで知らないうちに引き起こしている可能性があります。恋愛でいうとお付き合いして好きなはずなのにデートには行きたくないとか、待ち合わせの時間通りにいけないなど、心では好きという感情があるのにもかかわらず、身体がうまくついていかないというのは適応障害を起こしている可能性があります。

 

ドタキャンをされると「相手に嫌われているのかな?」とか「浮気でもされているんじゃないかな?」と不安になります。ドタキャンはよっぽどの事が無い限り、相手に失礼にあたると言う事はわかるはずです。しかし、デートの約束や計画をするときには楽しそうにしていたのに、当日ドタキャンは多いです。

 

こうしたことを繰り返していくうちに、恋愛する事が怖くなり恋愛できなくなってしまうのです。しかし、こうした時期に無理に恋愛をする必要はありません。無理に恋愛をして、余計にストレスを感じてしまうようであれば一定期間時間をあけて、心身ともに落ち着いた状態のときに恋愛をするのが良いでしょう。

スポンサーリンク