適応障害と頭が働かないという関係

適応障害と頭が働かないという関係

頭が働かない

頭が働かない状態というのは、寝起きなどの脳がまだ覚醒をしていないときや脳のエネルギー不足などが上げられます。脳が覚醒していない状態というのは、二度寝をしてしまったり、休日だからと言って寝すぎてしまう、不規則な生活で睡眠時間が乱れるといった事から起こる可能性があります。

 

脳のエネルギー不足については、脳のエネルギーは糖質です。糖質が不足してしまうと脳はエネルギー不足になりボーっとしてしまうと言う事があります。朝食を抜いたりすると、昼間頭がボーっとしてしまうと言う事が起きます。運動中などでも、エネルギー不足により頭がボーっとしてしまうことがありますので、ブドウ糖を摂取する事で解消されます。

 

その他の原因として考えられるのが脳疲労というものがあります。脳の疲労は考え事や悩み事といった精神的なストレスだけでなく、脳へも影響を与えています。外部から受け取った情報によって、その機能を低下させます。仕事やプライベートでも多くのストレスを感じる事があるかと思いますが、そうした事が原因で脳疲労がおこっている可能性があります。

 

適応障害と頭が働かないという関係と解消法について

適応障害の原因はストレスです。ストレスが原因でおこる脳疲労により、頭が働かないという事が起こる可能性があります。職場で頭が働かないと感じるのは「書類を読んでも頭に入ってこない」「話しを聞いていても理解できない。」「提案や意見を述べる場で上手くしゃべる事ができない。」「ミスや失敗が多くなる」「注意力に欠ける」と言ったことがあげられます。

 

そうした、頭が働かないという状況を改善するためには栄養面からすると糖質の補給が必要になります。エネルギー不足でも頭がボーっとしてしまいますので、糖質補給をかかさないように心がけましょう。つまり、栄養バランスを考えた食生活を心がけます。

 

また、ストレスが原因で脳疲労を起こしている場合は脳がキャパシティを超えている可能性もありますので優先順位をつけて物事に取り組みます。成功体験は良い結果をもたらします。多くの物事に取組失敗をしていると、頭が働かないという状況が悪化してしまいますので、優先順位を決めて物事に取組み成功体験を導くことは重要な事です。

スポンサーリンク


関連ページ

症状の特徴
チェックリスト
甘え
適応障害とうつ病の違い
再発する可能性
原因不明の体調不良
周りと馴染めない
接し方
なかなか治らない
行動の変化
うつ状態
子供
悪化
吐き気
頭痛
イライラ
めまい
動悸
不安感
不眠症
眠気
泣くことについて
攻撃的になるのか
後遺症があるのか
自傷行為
物忘れ
無気力
下痢
外出ができない
軽度
発熱
脳はどうなっているのか
発作のようなものはあるのか
被害妄想
わがままとの違い
慢性化
暴力
幼児
30代まで
40代
50代
その後の経過
だるい時
胃痛や腹痛
耳鳴り
自覚できるのか
重度
寝たきりになることはあるか
対人恐怖
怠けか
問題行動
ギャンブル依存
ストレス障害
ネガティブなのか
ヒステリー
ぼーっとすることはある?
寒気を感じるとき
愚痴が多くなる?
五月病
言い訳
罪悪感の感じ方
指しゃぶりの行動
なりやすい人は心が弱いのか
笑えない人が多い
寝汗をかきやすいのか
声が出ないと言う事があるのか
絶望感
前兆
早朝覚醒がおこるのか
痩せる傾向にあるのか
昼間の眠気
電話が怖いという感情
特定の人の前でおこる症状
独り言
日内変動
年齢と症状の変化
抜毛
判断力
疲れ
表情との関係
分類
別人のような性格
返事や返信
便秘
暴飲暴食
暴言
味覚
無口
目の症状
夜の症状
幼少期
老人
嘔吐
扁桃腺
再発率