適応障害の人は早朝覚醒がおこるのか

適応障害の人は早朝覚醒がおこるのか

早朝覚醒とは

不眠症のひとつとされ、入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒・熟眠障害の1つにあたります。早朝覚醒とは朝、起きようと思っていた時間よりも早く目が覚めてしまいそのまま起きている状態のことで、再び寝ようと思っていても寝る事が出来ない状態の事を言います。普通は若者よりも高齢者に多く見られる症状で、これは年齢とともに睡眠パターンが変化する事により起こる症状です。

 

早朝覚醒はストレスが溜まりやすい睡眠障害です。中途覚醒の場合には、再び眠れることもありますが早朝覚醒の場合、再び眠る事が出来ずに一度目がさめると簡単に寝られず、ストレスが溜まってしまうという可能性もあります。早朝覚醒の判断基準としては、起きたい時間よりも早く起きてしまう事が週3回以上、1ヶ月以上続く場合の事を言います。

 

早朝覚性と適応障害

早朝覚醒の原因としては、精神的なストレスが原因とも言われています。精神的なストレスが原因であるうつ病の人も殆ど不眠を訴えます。特にうつ病の人に多く悩まされる症状が、早朝覚醒になります。特に精神的なストレスを感じていないようでも、早朝覚醒を起こしてしまう場合には、ストレスや不安を抱え込んでいる可能性があります。

 

適応障害の中でも最も多い訴えが睡眠障害になります。イライラして眠れない、不安や抑うつが背景にある為に、早朝覚醒という形で現れてきます。メカニズムとしては、ストレスがあるとCRHというホルモンを分泌しますが、不眠自体がストレスを起こす原因となります。そのため、不眠の症状が起きてしまうと覚醒作用のあるCRHが分泌されてしまい、余計悪循環をおこしてしまいます。

 

適応障害は基本的に社会生活上のストレスが原因となって発症する可能性のある病気です。適応障害は誰でもおこりえる病気ですが、予想外に精神的ストレスを感じているときに発症しやすい病になりますので、同時に睡眠障害である早朝覚醒を併発している方が多くいます。

スポンサーリンク


関連ページ

症状の特徴
チェックリスト
甘え
適応障害とうつ病の違い
再発する可能性
原因不明の体調不良
周りと馴染めない
接し方
なかなか治らない
行動の変化
うつ状態
子供
悪化
吐き気
頭痛
イライラ
めまい
動悸
不安感
不眠症
眠気
泣くことについて
攻撃的になるのか
後遺症があるのか
自傷行為
物忘れ
無気力
下痢
外出ができない
軽度
発熱
脳はどうなっているのか
発作のようなものはあるのか
被害妄想
わがままとの違い
慢性化
暴力
幼児
30代まで
40代
50代
その後の経過
だるい時
胃痛や腹痛
耳鳴り
自覚できるのか
重度
寝たきりになることはあるか
対人恐怖
怠けか
問題行動
ギャンブル依存
ストレス障害
ネガティブなのか
ヒステリー
ぼーっとすることはある?
寒気を感じるとき
愚痴が多くなる?
五月病
言い訳
罪悪感の感じ方
指しゃぶりの行動
なりやすい人は心が弱いのか
笑えない人が多い
寝汗をかきやすいのか
声が出ないと言う事があるのか
絶望感
前兆
痩せる傾向にあるのか
昼間の眠気
電話が怖いという感情
頭が働かない
特定の人の前でおこる症状
独り言
日内変動
年齢と症状の変化
抜毛
判断力
疲れ
表情との関係
分類
別人のような性格
返事や返信
便秘
暴飲暴食
暴言
味覚
無口
目の症状
夜の症状
幼少期
老人
嘔吐
扁桃腺
再発率