適応障害の悪化

適応障害の悪化

新しい変化に適応できずに心身に影響をおよぼす適応障害。

 

最初は慣れない環境からの不安からの緊張感やドキドキ感、体の震えに発汗とだんだん症状が現れてきます。

 

もし、症状が悪化したらどうなるのでしょうか。適応障害の悪化について見ていきましょう。

 

適応障害が悪化したらどうなるのか

適応障害の最大な問題は社会生活ができなくなることです。

 

学校生活なら不登校。社会人ならニートになるリスクが高いということ。

 

そして、その自分の置かれている状況に情けなくなり最悪死に至ることも考えられます。

 

適応障害はうつ病の前段階という認識であるとされているため、放置すると大変危険であることが分かっています。

 

仕事の環境の中で起きる「イジメ」パワハラ、マタハラ、モラハラなどダメージが大きくて逃げてなる心境には誰もが起こりうることです。

 

しかし、適応障害が悪化すると職場が上手く回っていかないほど問題が発展していくのです。

 

例えば、ホウレンソウを無視する、注意されたら無断欠勤が続く、職場に来れないまま退職という、「自分は社会に必要とされてはいのでは?」と思い込むまでに陥ります。

 

そして、自分では考えれらないように平気で嘘をつく、そして他人のせいにするようになり周囲から「あの人ってうつ病?」と避けられる状態に悪化します。

 

あの人は問題を起こすだけで、認識しているだけではなく、職場とメンタルに詳しい専門家との連携した環境にしないと、ささないことで人を刺してしまう人達が増えていく要因になりかねません。

 

適応障害になる人のタイプを知ろう

適応障害になりやすいタイプはストレスに弱い人、人と接するのが苦手な人、「イジリやすい」人です。

 

「こんなことを言ってもあの人は大丈夫でしょ?」とキツイ発言を受けている人ほど適応障害に陥りやすいタイプだと考えています。

 

何言われても小馬鹿にされる自分のもどかしさと悔しさがストレスになり相手に暴力的かつネットでのイジメに発展する要因があふれています。

 

以前はなかったネットの世界に逃げて匿名という武器を使ってターゲットの個人情報を拡散するといったことを何も悪気もなくやってしまうため、リアルな現実で周囲の気遣いやケアがすごく必要になっている世の中になってしまったと驚いています。

 

ストレスを処理できない適応障害の悪化がネットまで拡大していることをご理解していただければ幸いです。

スポンサーリンク


関連ページ

症状の特徴
チェックリスト
甘え
適応障害とうつ病の違い
再発する可能性
原因不明の体調不良
周りと馴染めない
接し方
なかなか治らない
行動の変化
うつ状態
子供
吐き気
頭痛
イライラ
めまい
動悸
不安感
不眠症
眠気
泣くことについて
攻撃的になるのか
後遺症があるのか
自傷行為
物忘れ
無気力
下痢
外出ができない
軽度
発熱
脳はどうなっているのか
発作のようなものはあるのか
被害妄想
わがままとの違い
慢性化
暴力
幼児
30代まで
40代
50代
その後の経過
だるい時
胃痛や腹痛
耳鳴り
自覚できるのか
重度
寝たきりになることはあるか
対人恐怖
怠けか
問題行動
ギャンブル依存
ストレス障害
ネガティブなのか
ヒステリー
ぼーっとすることはある?
寒気を感じるとき
愚痴が多くなる?
五月病
言い訳
罪悪感の感じ方
指しゃぶりの行動
なりやすい人は心が弱いのか
笑えない人が多い
寝汗をかきやすいのか
声が出ないと言う事があるのか
絶望感
前兆
早朝覚醒がおこるのか
痩せる傾向にあるのか
昼間の眠気
電話が怖いという感情
頭が働かない
特定の人の前でおこる症状
独り言
日内変動
年齢と症状の変化
抜毛
判断力
疲れ
表情との関係
分類
別人のような性格
返事や返信
便秘
暴飲暴食
暴言
味覚
無口
目の症状
夜の症状
幼少期
老人
嘔吐
扁桃腺
再発率