適応障害の年齢と症状の変化

適応障害の年齢と症状の変化

適応障害の起こりやすい年齢

適応障害の起こりやすい環境としては、学校・職場・家庭と言った環境で明確なストレスが原因となり日常生活にも大きな支障をきたすものになります。適応障害が起こる年齢はいつ発症しやすいという事は無く、どの年齢でも発症する病になります。

 

しかし、どの年齢でもおこり得る病ですが環境が大きく変化する時期に起こりやすいというのは1つあります。その為、入学・入社・転校・転勤・失業・結婚・出産・離婚・近親者の死亡というように生活環境の変化というのは、適応障害を発症しやすい時期になります。

 

また、こうした環境の変化がある次期というのは適応障害だけでなく他の疾患を併発するリスクが高まります。適度な運動や規則正しい生活、睡眠の状態や良い交友関係を築く事により、メンタル面でも健康な生活を送る事が可能になります。どの年齢でも発症する可能性のある病気ですが、生活スタイルを見直す事も発症リスクを下げられる可能性があります。

 

年齢とともに変化する症状の変化について

子どもの時期に発生する症状としては、赤ちゃん返りのような症状を発祥する事があります。また大人になってからは、ストレスの発散ということで暴力的になったり、アルコールやギャンブルと言ったものに依存する傾向にあります。

 

適応障害はストレス発生後3ヵ月以内に症状が発症しますが、適応障害の治療には心理療法が行われます。気分の落ち込み(躁鬱)が強い場合や睡眠障害を起こしている場合には抗うつ薬や睡眠薬(睡眠導入剤)といった薬を用いた薬物療法を使う事もあります。

 

適応障害はいつおこるのかわかりませんが、引き起こしたストレスはどのような意味を持つのかと言う事を考える事が大切です。幼少期に何かがあったせいで、それがトラウマとなり大人になって適応障害を起こした場合には、そのストレスに対する対処法を心理療法によって理解する事により、今後の発症リスクを下げる可能性があります。

スポンサーリンク


関連ページ

症状の特徴
チェックリスト
甘え
適応障害とうつ病の違い
再発する可能性
原因不明の体調不良
周りと馴染めない
接し方
なかなか治らない
行動の変化
うつ状態
子供
悪化
吐き気
頭痛
イライラ
めまい
動悸
不安感
不眠症
眠気
泣くことについて
攻撃的になるのか
後遺症があるのか
自傷行為
物忘れ
無気力
下痢
外出ができない
軽度
発熱
脳はどうなっているのか
発作のようなものはあるのか
被害妄想
わがままとの違い
慢性化
暴力
幼児
30代まで
40代
50代
その後の経過
だるい時
胃痛や腹痛
耳鳴り
自覚できるのか
重度
寝たきりになることはあるか
対人恐怖
怠けか
問題行動
ギャンブル依存
ストレス障害
ネガティブなのか
ヒステリー
ぼーっとすることはある?
寒気を感じるとき
愚痴が多くなる?
五月病
言い訳
罪悪感の感じ方
指しゃぶりの行動
なりやすい人は心が弱いのか
笑えない人が多い
寝汗をかきやすいのか
声が出ないと言う事があるのか
絶望感
前兆
早朝覚醒がおこるのか
痩せる傾向にあるのか
昼間の眠気
電話が怖いという感情
頭が働かない
特定の人の前でおこる症状
独り言
日内変動
抜毛
判断力
疲れ
表情との関係
分類
別人のような性格
返事や返信
便秘
暴飲暴食
暴言
味覚
無口
目の症状
夜の症状
幼少期
老人
嘔吐
扁桃腺
再発率