適応障害は再発する可能性があるのか

適応障害は再発する可能性があるのか

適応障害は再発する病気?

適応障害になると、復帰しても再発することを恐れて生きていかなければならないという話を聞いたことありませんか?本当にそうなのでしょうか?NOと言いたいのは山々ですが、うつ病と同様にストレスコーピングを上手にできないと再発率は高まります。しかし、再発する可能性はあっても、全ての人が再発するわけではないので予防が大切です。

 

適応障害が再発する理由

従来型のうつ病とは違う適応障害は、ストレスが原因でストレス因子を取り除くことで改善されるのですが、抱えているストレスの程度は人それぞれ違い、職場を退職しなければならない人だっています。ストレスの対処を上手く出来ないままでいると、困難をきたし症状がでることも少なくありません。

 

適応障害は、うつ病へと移行する可能性も高い病気です。うつ病になってしまうと、再発のリスクは高まり、再発の頻度が高ければ再再発のリスクはさらに高まります。そのため、再発させないことと重症化させないことが大切です。

 

適応障害とストレスコーピング

適応障害の発症防止で有効な手段はストレスコーピングです。“ストレス発散”と言われているもので、ご自分に合った方法で上手にストレスと付き合うことが大切です。

 

仕事や学校、人間関係などのストレスを感じている場合、趣味を楽しんだり、森林浴やドライブ、入浴、スポーツ、読書など、負担にならないことを行うこともおすすめです。

 

ストレス発散の方法のおすすめはたくさんありますが、スポーツが苦手な人がスポーツをはじめたり、読書が苦手な人が読書をはじめると、逆にストレスになってしまうこともあります。ストレスコーピングも、周囲に振り回されるご自身が安心して過ごせる環境を選ぶことが一番大切です。

スポンサーリンク


関連ページ

症状の特徴
チェックリスト
甘え
適応障害とうつ病の違い
原因不明の体調不良
周りと馴染めない
接し方
なかなか治らない
行動の変化
うつ状態
子供
悪化
吐き気
頭痛
イライラ
めまい
動悸
不安感
不眠症
眠気
泣くことについて
攻撃的になるのか
後遺症があるのか
自傷行為
物忘れ
無気力
下痢
外出ができない
軽度
発熱
脳はどうなっているのか
発作のようなものはあるのか
被害妄想
わがままとの違い
慢性化
暴力
幼児
30代まで
40代
50代
その後の経過
だるい時
胃痛や腹痛
耳鳴り
自覚できるのか
重度
寝たきりになることはあるか
対人恐怖
怠けか
問題行動
ギャンブル依存
ストレス障害
ネガティブなのか
ヒステリー
ぼーっとすることはある?
寒気を感じるとき
愚痴が多くなる?
五月病
言い訳
罪悪感の感じ方
指しゃぶりの行動
なりやすい人は心が弱いのか
笑えない人が多い
寝汗をかきやすいのか
声が出ないと言う事があるのか
絶望感
前兆
早朝覚醒がおこるのか
痩せる傾向にあるのか
昼間の眠気
電話が怖いという感情
頭が働かない
特定の人の前でおこる症状
独り言
日内変動
年齢と症状の変化
抜毛
判断力
疲れ
表情との関係
分類
別人のような性格
返事や返信
便秘
暴飲暴食
暴言
味覚
無口
目の症状
夜の症状
幼少期
老人
嘔吐
扁桃腺
再発率