適応障害によって攻撃的になるのか

適応障害によって攻撃的になるのか

DV(ドメスティックバイオレンス)の問題がなかなか解決しません。最近では女性からのDVを受ける男性もいるほど。

 

適応障害の症状に新しい環境に慣れない不安やストレスを適応できずに、その不安から攻撃的に走る人も見受けられることが分かっています。

 

もしかしたら、適応障害の攻撃的衝動がDVに発展しているのであれば、何となく解決が難しいこと、そしてDVがいっこうに減らない背景が見える気がします。

 

適応障害の攻撃的

適応障害には攻撃的になってしまう、行為障害や反社会性パーソナリティ障害、双極性の3つ部類があるとされています。

 

DVを例えに見てみましたが、急に罵声を浴びる、気に食わなかったら雑誌、食器を投げつける!のこのパターンは適応障害における双極性つまり躁うつの症状が出ている可能性があります。

 

近年、逆DVが増えている点が気になり考えてみましたが結婚をすると交流関係、生活がガラリと変わっていき今までチヤホヤされていた環境かチヤホヤされない環境を受けれ入れないままでストレスがたまっていたとしら、DVをしやすい人はもしかしたら適応障害になっているかもれません。

 

適応障害の引き金で、いろいろな心の病気を起こす

DVを例えて考えると、適応障害は放置していくととんでもないことに発展していくということが分かります。

 

適応障害の特徴は行為に関して悪気がありません。

 

だから、パートナーが我慢すればいいと思い、我慢し続けだから結果、パートナーがうつ病になってしまうというデーターありました。

 

逆に旦那さんのDVで女性が適応障害に発展してしまうデータが多く驚いています。

 

自分の環境に納得していないから人に攻撃的になるのは他人事ではないということ、自分も無意識に攻撃的になっているかもしれない。

 

適応障害だけではなくいろいろな心の病が誰にでも患ってしまう要素が現代社会に多すぎるのも考えないといけないと思います。

スポンサーリンク


関連ページ

症状の特徴
チェックリスト
甘え
適応障害とうつ病の違い
再発する可能性
原因不明の体調不良
周りと馴染めない
接し方
なかなか治らない
行動の変化
うつ状態
子供
悪化
吐き気
頭痛
イライラ
めまい
動悸
不安感
不眠症
眠気
泣くことについて
後遺症があるのか
自傷行為
物忘れ
無気力
下痢
外出ができない
軽度
発熱
脳はどうなっているのか
発作のようなものはあるのか
被害妄想
わがままとの違い
慢性化
暴力
幼児
30代まで
40代
50代
その後の経過
だるい時
胃痛や腹痛
耳鳴り
自覚できるのか
重度
寝たきりになることはあるか
対人恐怖
怠けか
問題行動
ギャンブル依存
ストレス障害
ネガティブなのか
ヒステリー
ぼーっとすることはある?
寒気を感じるとき
愚痴が多くなる?
五月病
言い訳
罪悪感の感じ方
指しゃぶりの行動
なりやすい人は心が弱いのか
笑えない人が多い
寝汗をかきやすいのか
声が出ないと言う事があるのか
絶望感
前兆
早朝覚醒がおこるのか
痩せる傾向にあるのか
昼間の眠気
電話が怖いという感情
頭が働かない
特定の人の前でおこる症状
独り言
日内変動
年齢と症状の変化
抜毛
判断力
疲れ
表情との関係
分類
別人のような性格
返事や返信
便秘
暴飲暴食
暴言
味覚
無口
目の症状
夜の症状
幼少期
老人
嘔吐
扁桃腺
再発率