適応障害と便秘

適応障害と便秘

便秘とは

便秘とは、何日も便が出なかったり、お腹が張る、お腹が痛い、便が硬く出すときに強くいきむなど排便に苦痛や不快感が伴う場合は便秘が疑われます。排便の回数は個人差が大きいといわれていますが、一般的に週に3回未満だと便秘とされる症状の目安です。食べ物を、消化・吸収をして便が出来るのは主に超の働きによります。個人差はありますが、腸が活発に働いていれば、1日3回〜週3日程度、善導運動が起こり排便が起こります。

 

便意はあるのに中々でなかったり、強くいきまないと便がでなかったり、便をしたのに便が残っているという不快な状態も便秘の患者さんによくみられます。病気の場合を除き、主に腸の働きの低下や便の硬さ・大きさなどの変化によっておこります。

 

お腹にガスがたまっているようなかんじや、お腹が果て苦しい、お腹の下のほうが痛むなどお腹の張り焼痛みによる不快感も便秘の患者さんに見られる症状です。それ以外の症状としては、一度にたくさんの便を出す事ができず、コロコロした固い便が焦慮打つ図1日に何度も出るのも、便秘の患者さんに良く見られる症状です。

 

最後に、便秘とは一切関係の無いように思われる頭痛や胃痛と一生上も便秘の患者さんに現れる事があります。便秘はストレスとの関係が多いといわれており、頭痛の他胃の痛みを訴える機能ディスペプシアや胸焼けなどの症状を訴える胃食逆流症などが便秘に合併する事があります。

 

適応障害と便秘について

胃や腸などの内臓は、ストレスに弱く均衡すると胃が痛くなったり、やたらとトイレに行きたくなったりする人も多く居ます。これは自律神経の中の交感神経が活発になる事で起こります。胃腸の働きは自分の意志でコントロールできません。胃腸の動きを調整するのは副交感神経でリラックスをする際に動きやすい神経です。

 

しかし、ストレスが溜まると副交感神経が上手く働かずに胃酸過多になり腸が痙攣するように動いたりする為便秘になってしまいます。適応障害はストレス性の障害のため、便秘の症状を訴える可能性も多くあります。

スポンサーリンク


関連ページ

症状の特徴
チェックリスト
甘え
適応障害とうつ病の違い
再発する可能性
原因不明の体調不良
周りと馴染めない
接し方
なかなか治らない
行動の変化
うつ状態
子供
悪化
吐き気
頭痛
イライラ
めまい
動悸
不安感
不眠症
眠気
泣くことについて
攻撃的になるのか
後遺症があるのか
自傷行為
物忘れ
無気力
下痢
外出ができない
軽度
発熱
脳はどうなっているのか
発作のようなものはあるのか
被害妄想
わがままとの違い
慢性化
暴力
幼児
30代まで
40代
50代
その後の経過
だるい時
胃痛や腹痛
耳鳴り
自覚できるのか
重度
寝たきりになることはあるか
対人恐怖
怠けか
問題行動
ギャンブル依存
ストレス障害
ネガティブなのか
ヒステリー
ぼーっとすることはある?
寒気を感じるとき
愚痴が多くなる?
五月病
言い訳
罪悪感の感じ方
指しゃぶりの行動
なりやすい人は心が弱いのか
笑えない人が多い
寝汗をかきやすいのか
声が出ないと言う事があるのか
絶望感
前兆
早朝覚醒がおこるのか
痩せる傾向にあるのか
昼間の眠気
電話が怖いという感情
頭が働かない
特定の人の前でおこる症状
独り言
日内変動
年齢と症状の変化
抜毛
判断力
疲れ
表情との関係
分類
別人のような性格
返事や返信
暴飲暴食
暴言
味覚
無口
目の症状
夜の症状
幼少期
老人
嘔吐
扁桃腺
再発率