適応障害は怠けか

適応障害は怠けか

適応障害に限らず、精神疾患にかかっている人のことを、怠け病だと言いたがる人もいます。ですが、精神疾患だと専門医から診断があったのであれば、それは怠けではなく病気であり、真剣に向き合って治療を行う必要があるのです。

 

ここでは、適応障害がなぜ怠けだと言われるのか、それにどう対処すべきかなどを考えていきましょう。

 

適応障害は怠けなのか

前述のとおり、精神疾患にかかると、それを怠け病だという心ない人も世の中にはいます。そういう人は、精神疾患にかかったことがないため、その辛さがわからないのかもしれません。

 

適応障害で、怠けだと言われるかもしれない症状は、朝起きられなかったり、嫌なことから回避するような行動をとるといったようなことでしょう。

 

しかし、これらの行動は本人にとってはとても重大な問題です。朝、起き上がろうとしてもどうしても体がだるくて起き上がれないのは、それだけでもストレスになります。
また、嫌なことから回避するような行動をとると、自己嫌悪に陥りやすくなりますし、かといってその嫌なことを続けていると、動悸がしたり頭痛や胃痛がしたりという身体症状が現れてしまうのです。

 

そういった症状は、普通では起きない症状です。ですから、適応障害だと診断されたのであれば、それは怠けではなく、れっきとした病気だということを、本人も周囲も理解する必要があります。

 

適応障害の人に怠け病だという危険性

適応障害だと診断され、それを周囲に公表すると、もしかすると怠けではないのかと訊いてくる人もいるかもしれません。

 

しかし、それは危険なことです。何故なら、そういうことを言ってしまうことで、適応障害の患者さん本人も、自分が怠けているだけなのではないかと、自分を責め出してしまうからです。そして、もっと頑張ろうとしてしまうでしょう。ひょっとすると、治療を受けるのをやめてしまうかもしれません。

 

こんな状態を続けていると、適応障害が悪化して、うつ病などのもっと深刻で治療の難しい精神疾患になってしまうかもしれません。そうならないためにも、適応障害は怠けではないと本人も周囲も深く認識しなければならないのです。

スポンサーリンク


関連ページ

症状の特徴
チェックリスト
甘え
適応障害とうつ病の違い
再発する可能性
原因不明の体調不良
周りと馴染めない
接し方
なかなか治らない
行動の変化
うつ状態
子供
悪化
吐き気
頭痛
イライラ
めまい
動悸
不安感
不眠症
眠気
泣くことについて
攻撃的になるのか
後遺症があるのか
自傷行為
物忘れ
無気力
下痢
外出ができない
軽度
発熱
脳はどうなっているのか
発作のようなものはあるのか
被害妄想
わがままとの違い
慢性化
暴力
幼児
30代まで
40代
50代
その後の経過
だるい時
胃痛や腹痛
耳鳴り
自覚できるのか
重度
寝たきりになることはあるか
対人恐怖
問題行動
ギャンブル依存
ストレス障害
ネガティブなのか
ヒステリー
ぼーっとすることはある?
寒気を感じるとき
愚痴が多くなる?
五月病
言い訳
罪悪感の感じ方
指しゃぶりの行動
なりやすい人は心が弱いのか
笑えない人が多い
寝汗をかきやすいのか
声が出ないと言う事があるのか
絶望感
前兆
早朝覚醒がおこるのか
痩せる傾向にあるのか
昼間の眠気
電話が怖いという感情
頭が働かない
特定の人の前でおこる症状
独り言
日内変動
年齢と症状の変化
抜毛
判断力
疲れ
表情との関係
分類
別人のような性格
返事や返信
便秘
暴飲暴食
暴言
味覚
無口
目の症状
夜の症状
幼少期
老人
嘔吐
扁桃腺
再発率