適応障害とイライラ

適応障害とイライラ

何をしていてもイライラする。朝、職場でイライラしたオーラを出しながら出勤してくる女性いますよね。

 

女性特有の悩みであるPMS(月経前症候群)、更年期の症状と似ているため、自分が適応障害であることさせも分からないかもしれません。

 

そのイライラの要因について見ていきましょう。

 

環境に慣れないイライラ

イライラにはいろいろなタイプがあります。例えば生理前のイライラ。更年期のイライラ。ストレスからくるイライラなどです。

 

適応障害の症状にもイライラがあります。そのイライラの部類は「不安気分を伴う適応障害」とされ、精神的不安の要素が強く体にでてしまうことを指します。

 

この部類は自律神経の乱れと深く関わっており、新しい環境におけるストレスが原因でうつ状態になる要因の1つとして納得ができます。

 

そのイライラは更年期とは異なり一時的なもので、ストレスかは感じる環境から離れると今までの不調がウソのように改善されるのです。

 

さかし、その開放感から抜け出したいために買い物、ギャンブル、アルコールなど過剰な行動を取りやすく依存性を持ってしまうと懸念されているほどです。

 

そんなイライラが慢性的に続くには、体内で分泌される幸せホルモンが少なく、適応障害の対処法に大きな影響をもたらすと言われているのです。

 

適応障害者は幸せホルモンが少ない?

幸せホルモンとは?セロトニンという心の安定さを促すホルモンのことです。

 

適応障害者でイライラに悩ませる人の大半はセロトニンの分泌が少ないと言われています。

 

適応障害の対処法として、イライラを解消するたむにセロトニンの分泌を促すトラリプトファンの摂取をすると幸せホルモンの分泌が多くなり自律神経のバランスを整える効果が生まれてくるのです。

 

適応障害は薬での治療の他にも普段の食事から対処するやり方があることを覚えておきましょう。

 

トリプトファンが多いとされる バナナを食べたり、ホルモンのバランスを整えるイソフラボン、ポリフェノールなど(豆乳、アサイー、ドラゴンフルーツなど)をスイーツに取り入れると、代謝とアンチエイジングの他に心のケアができると注目されています。

 

イライラは放置しておくと、周囲に攻撃してしまう恐れがあるため、まずはイライラを根本的から抑えるにはどうしたら良いか考えてみましょう。

スポンサーリンク


関連ページ

症状の特徴
チェックリスト
甘え
適応障害とうつ病の違い
再発する可能性
原因不明の体調不良
周りと馴染めない
接し方
なかなか治らない
行動の変化
うつ状態
子供
悪化
吐き気
頭痛
めまい
動悸
不安感
不眠症
眠気
泣くことについて
攻撃的になるのか
後遺症があるのか
自傷行為
物忘れ
無気力
下痢
外出ができない
軽度
発熱
脳はどうなっているのか
発作のようなものはあるのか
被害妄想
わがままとの違い
慢性化
暴力
幼児
30代まで
40代
50代
その後の経過
だるい時
胃痛や腹痛
耳鳴り
自覚できるのか
重度
寝たきりになることはあるか
対人恐怖
怠けか
問題行動
ギャンブル依存
ストレス障害
ネガティブなのか
ヒステリー
ぼーっとすることはある?
寒気を感じるとき
愚痴が多くなる?
五月病
言い訳
罪悪感の感じ方
指しゃぶりの行動
なりやすい人は心が弱いのか
笑えない人が多い
寝汗をかきやすいのか
声が出ないと言う事があるのか
絶望感
前兆
早朝覚醒がおこるのか
痩せる傾向にあるのか
昼間の眠気
電話が怖いという感情
頭が働かない
特定の人の前でおこる症状
独り言
日内変動
年齢と症状の変化
抜毛
判断力
疲れ
表情との関係
分類
別人のような性格
返事や返信
便秘
暴飲暴食
暴言
味覚
無口
目の症状
夜の症状
幼少期
老人
嘔吐
扁桃腺
再発率