適応障害についての会社の対応

適応障害についての会社の対応

適応障害や心の病を患う環境が整っている会社。誰にも被害者になるし加害者になるのはおかしい話です。

 

昔気質の会社であればパワハラやセクハラの概念はないと思いますし、生産性と会社のイメージが悪くなることを認識していないのが今の社会ではないでしょうか。

 

しかし、今のままでは問題は解決しません。会社側はどのような対策をしていけばいいのか考えてみましょう。

 

会社側に適応障害および精神障害になるやすい要因を知ることが急務

求人雑誌をみると年中求人を掲載さている会社がありますね。

 

この情報から分かることは、離職率が高いことです。離職率が高いということは、人件費のコストがかかり会社にとってデメリットしかありません。

 

「新しく人を補充すればいい。」という考えであれば、この会社は良い会社とは思えません。

 

このように適応障害や精神障害になりやすい要因が何なのか理解していない会社があるということ。

 

まずは適応障害や精神障害になる要因を会社側が知ることから始めることが重要です。

 

専門家による適応障害や精神障害の知識を社員全員が学ぶこと。そして知識を把握して社員が適応障害にならないための配慮。または対策を練る環境を整えることが求められています。

 

今の段階では退職を促すことしかできない

適応障害の社員を辞めさせればいい。

 

問題を起こした人間と問題で苦しんでいる人を辞めさせればいい。

 

今の段階で1番の解決方法ですが、本当にそれでいいのでしょうか。

 

今の会社の環境だと人徳が人脈がないと復職も難しいと思います。

 

ですが、リハビリ期間として短時間勤務を許可したり、自宅勤務を許可することを大企業にとどまることなく中小企業にも容認できれば、退職を余儀なくされる社員が正社員として生きていける可能性は高くなると思います。

 

「退職すれば問題解決」という流れを断ち切ることができるかどうかで会社側の対応は大きく変わることでしょう。

スポンサーリンク