適応障害で休職中の過ごし方

適応障害で休職中の過ごし方

適応障害で休職したらどうやって過ごす?

適応障害で休職をしていると、することがなくて困ると言う人も少なくないでしょう。

 

適応障害は、ストレス因子に近づくことによって症状がエスカレートする傾向があり、ストレスフリーな状態では症状は軽減される病気です。そのため、休職していると症状が緩和されて好きなことは何でもできるという人は少なくありません。

 

しかし、休職中の身であり、外出したり、旅行に出かけるのはどこか心苦しいですよね。休職中の過ごし方についてはさまざまな意見があると思いますが、職場の人の目についたり、耳に入ると悪い印象を与える遊びやリフレッシュ方法は、今後の信用性に影響するのでおすすめできません。

 

休職中の過ごし方

休職中は、自宅でできる趣味やリフレッシュ方法を楽しむことをおすすめしますが、家族と少し遠くに出掛けて気分転換という方法も良いでしょう。日頃の生活の中でできるリフレッシュ方法を見つけることで、復職後もストレスを軽減することができます。

 

例えば、バスタイムの時間を長くしてみたり、音楽を聴いたり、読書をしたりと心休まる時間を見つけることをおすすめします。反対に、パチンコやスロット、居酒屋やカラオケで大盛り上がりしているところを職場の人間にみられると反感を買ってしまうこともあるので注意が必要です。

 

「休職」の考え方について

休職中、「こんなに元気なのに会社を休んで申し訳ない」と思い落ち込んでしまう人も少なくないでしょうが、「休んでいる」ことは、「療養」のためであり、決してさぼっているわけではありません。適応障害って、ご自分でもよくわからない病気で困惑される方も少なくありませんが、しっかりとした休養を取ることで元の生活に戻ることができます。「休むこと」を躊躇わずに、治療に専念することが大切です。

スポンサーリンク