適応障害が原因で異動(配置転換)

適応障害が原因で異動(配置転換)

適応障害が原因で異動をする

適応障害の原因が職場にある場合には職場の環境を整えて貰うことや休職をすることが治療として有効です。適応障害は、新しい環境に馴染めなかったり、大がかりな仕事を任されたり、人間関係が上手くいかなかったり場合に生じることが多い病気です。例えば、人事異動後に発症したケースの場合、慣れない環境で自分が思っている以上にストレス抱え込んでいる可能性があり、できることなら慣れた部署に戻ることができるように異動願いを提出するなどが必要になります。

 

異動(配置転換)の必要性

職業によっては、適応障害が原因でやむを得ず配置転換をしてもらわないといけない人だっています。

 

例えば、適応障害で抗不安薬や抗精神薬を服用される方は、薬の副作用を考慮すると車の運転や機会の操縦は避けるべきであり、上司と相談し、このような操作のない部署に異動することが必要です。

 

また、接客業の方の中には「お客様の前に立つと、どうしても言葉が出なくなってしまったり、これまでのような仕事ができなくなってしまう」というような方も、できることならば人事異動という形で会社に身を置きたいと思う方も少なくないでしょう。

 

適応障害やうつ病などの精神障害は近年増加傾向にある病気であり、誰がなってもおかしくない病気です。このような精神疾患は、職場の理解があってこそ治療し、復帰することができる病気です。一昔前とは違い、理解のある職場も少しずつですが増えてきました。

 

しかし、まだまだ全ての会社が適応障害のような病気を受け入れるには至らないのが現実です。職場の上司に理解を得られない方も少なくないでしょうが、職場の中で信頼できる人はいませんか?同僚や部下でも、自分の不安を話すことができる環境は必要であり、人事異動(配置転換)ができなくても、少しでも不安を軽減できる環境があると希望が見えるかもしれません。

スポンサーリンク