適応障害を起こす原因として怒られると言う事

適応障害を起こす原因として怒られると言う事

モラハラ加害者と怒られる事について

社会にいると当然縦関係が成り立ってきます。上司はある程度、部下を選ぶ権利を持ち合わせているかもしれませんが、部下は上司を選ぶ権利を持ち合わせていない事が殆どです。

 

モラハラ加害者は、自分に好意を持っています。適応障害を起こす人には、モラハラ被害者の方も多くいます。被害者は暗黙のうちに加害者を認めています。

 

被害者は混乱してしまい、「何も考える事が出来なくなった」「生きていても楽しくなくなった」といった感情を抱くようになります。そうすると、精神的に不安定な状態となり徐々に自信をうしなっていってしまうのです。

 

自分が自分で無いような感覚に襲われ、加害者である上司が視界に入ってくるだけで目の前の事に集中できなくなります。相手に怒られたり、機嫌を損なわないようにと振舞ってしまうのです。極力、相手がイライラしないように注意をし、イライラしていたら気持ちを落ち着かせ反抗しないように努力します。

 

このように被害者は相手の様子を伺いながら、怒られないようにするために必死になり仕事をするのです。そうしたストレスから動悸・息切れ・圧迫感・疲労・睡眠障害・神経過敏・頭痛・腹痛などといった症状が現れてしまうのです。

 

適応障害と怒られる事への恐怖心

適応障害に陥る人は、モラハラの被害者である事も多くあります。相手が暴力を振るうようになると、恐怖の感情を抱くようになります。自分自身の振舞った行動が相手の期待通りであったかどうかなど気にし始めます。

 

怒られたり、傷ついたりする事を言われるのではないかという恐れを感じながら仕事をすると言う事が怒ります。いつのころか、相手に操られて動いていたと言う事に気づいたときに途方に暮れ、深い心的外傷を負うのです。モラハラ被害者は、直ぐに体調不良を訴える事はありませんが、こうした環境の芽生えは適応障害のきっかけになります。

スポンサーリンク