適応障害と通勤に対する配慮

適応障害と通勤に対する配慮

適応障害と通勤

適応障害について通勤が困難だという場合があります。通勤ラッシュが原因でおこっている可能性もあります。適応障害は環境に適応できない事が原因でおこるストレス障害のひとつですが、心の病も身体の病と同じで癒すのに時間がかかります。

 

わかりにくい病気なだけに、周囲からの理解を得にくく無理をしてしまい心が壊れてしまうと言う事がありますが、通勤ラッシュを避けるというそんな些細な事で症状が回復する事もあります。ラッシュの時間を避けた、出社時間にしてもらうなど会社の理解が適応障害をおこしている方を救う可能性があります。

 

また、通勤時間が2時間以上かかるというのも原因のひとつに上げられます。家庭の事情により、単身赴任する事はできないけれども、会社の都合で異動をしなければならないといった場合です。こうした場合、会社側は本人に対して、引越しの手当ては出すといっているし単身赴任の場合も社宅や帰省費の考慮はするといっていても、自宅を購入し介護者がいるために家から離れなれないといった場合、やむ終えず2時間かけて通勤をせざるを得ないという状況が考えられます。

 

そうした往復4時間もかかるような通勤が、実際にはストレスとなって適応障害を招いている可能性もあります。会社の都合もありますが、適応障害を起こしてしまった場合、この様な勤務地の配慮という于者も必要になってきます。

 

適応障害と通勤手段について

適応障害の方で電車がストレスになっているという可能性もあります。通勤ラッシュの時間帯がストレスであれば、通勤ラッシュの時間帯を避けるような勤務時間の配慮が必要でしょう。電車に乗ることがストレスになっているようであれば、自家用車など車両通勤の検討なども1つの手段です。

 

就業規則があるので企業側としては、労災の絡みなどもあり判断が難しいことかもしれませんが検討していただく事も必要になってくるかもしれません。

スポンサーリンク