適応障害は転職を繰り返す傾向にある

適応障害は転職を繰り返す傾向にある

適応障害と転職

適応障害で休職してしまうと、そのまま社会復帰が暫くは難しく退職する(離職)、もしくは元の職場に復帰する(復職)、別の職場に就職をする(転職)という3つの選択肢があります。

 

この中でベストな選択肢としては、元居た職場への復帰です。理由としては、慣れている職場に復帰できると言う事。また、復帰後に環境などを配慮した配置などに考慮してもらえる可能性が高いと言う事です。

 

しかし、環境が変わらずにストレスを抱え続けてしまうと、症状が緩和して北のにもかかわらず再発してしまう可能性もあります。

 

そうした事を考え、転職等決断をする方もいらっしゃると思います。転職をするメリットとしては、新しい環境で心機一転仕事に取り組む事が出来ると言う事や、休職期間中でも転職の準備(求人情報の収集)といった事は可能なので、忙しすぎて求人情報を見る暇さえなかったという人は、休職期間中にじっくりと考え次への準備をする時間があると言う事です。

 

転職を繰り返す

転職というのは新しい環境で仕事に取り組む事が出来るという反面、デメリットも存在します。デメリットとしては新しい環境に対応する為に、心身ともにストレスがかかってくるという点。また、休職期間が長い場合などは転職先に源泉徴収表を提出した際にばれてしまう可能性があります。

 

元の職場に復職したのであれば、慣れている仕事をゆっくりとペース配分しながら行っていけばよいのですが、転職した場合にはそんな事は言っていられません。

 

電話応対にしても電話の取り方や電話のつなぎ方(内線のかけ方)などは企業によって微妙に異なってくるものです。そうした、細かいルールから仕事内容まで全く新しいスタートを切らなければいけないのです。

 

当然、病気について配慮してくれるわけはありませんので、そうした事がストレスとなり、自分にあった環境を求め転職を繰り返してしまうという人もいます。

スポンサーリンク