適応障害で休職後の復職・復帰

適応障害で休職後の復職・復帰

適応障害で休職後に復帰

適応障害を発症してから、治療を行うことで元の職場への復帰や復職を目指す人がほとんどだと思います。各々症状が異なるように、働く環境もそれぞれで異なります。しかし、抱えている不安って同じ障害を抱えている人同士では共感できる点が多々あると思いますが、この障害に理解の乏しい人には共感を得にくいのも事実です。

 

休職中、それぞれの過ごし方があったと思いますが、復帰を前に「どのタイミングで復帰しょうか」、「どんな顔して復帰したら良いか」、「なんて言えば良いのか」などをシュミレーションせずにはいられないと言う人も少ないないでしょう。

 

どのようなタイミングで復帰・復職するか

ご自分の身体の調子がおかしくなってから、医療機関を受診することにも勇気がいったことでしょが、会社を休んでから復帰することは尚更勇気がいることでしょう。復職するタイミングっていつだろう?素朴な疑問かもしれませんが、ご自分の判断による復帰は復職後に再発のリスクを高めてしまう恐れがあるので危険です。

 

まずは、調子が良くなってきたら、担当の医師に相談してみましょう。お薬を使用されている方は、薬の量の調整や
仕事内容によっては服薬できなお薬もあるため復職前に対応を考えなければなりません。

 

また、復職する前に必要なことは、仕事が始まってからの生活リズムを立て直すことが必要です。休職中、起きる時間や寝る時間が不規則になっていませんか?または、昼寝をしていませんか?適度に身体を動かしていますか?数か月休職すると、思っている以上に体力は低下しています。

 

また一度崩れてしまった生活リズムを整えることは、容易なことではなく、リハビリ感覚で生活を立て直していくことが大切です。生活のリズムを整え、心身共に元気になったら、本当の復職です。再発しないためにも定期的に診察を受けたり、不安なことはカウンセリングを通して相談するのも良いかと思います。

スポンサーリンク