適応障害で転職する場合に必要なこと

適応障害で転職する場合に必要なこと

適応障害を発症後に転職

適応障害の発症をきっかけに転職を決意する人は少なくないでしょう。適応障害を発症してから、初めて病院を受診するのもドキドキしたでしょう。職場に休職願いや退職願いを提出するにもまた勇気がいったことでしょう。

 

しかし、転職を決意した方は、あらためて新しい環境で働くことに緊張感を持っての生活が始まっていきます。新しい環境に慣れることは誰しもがプレッシャーを感じ、緊張感を持ってスタートします。

 

しかし、適応障害を抱えた人は、自分自身がストレスに弱い体質であることを自覚し、“病歴”を持っているということに劣等感を抱きながら面接に挑むことでしょう。され、あなたなら「適応障害」という病歴について話しますか?それとも隠しますか?

 

転職の際に面接で“適応障害”を隠す?

就職面接で、適応障害であることを隠さないと、不利になると思っているでしょう。実際にはそれも否定できません。

 

ばれないで良い方向に働けば嘘も方便で良いかもしれません。しかし、ばれる・ばれない以前に万が一、適応障害を再発してしまったら、或いはストレス環境に置かれた場合、対処することができませんよね?

 

病気を発症しても長く働ける会社は職場の理解ある環境だと思います。職場の理解の乏しい環境であれば、面接の段階で「適応障害」を発症しことがある旨を伝えると不採用になるでしょうが、採用してくれる会社では勤務時間や働く環境についても相談しやすくて安心して働けるのではないかと思います。

 

また、適応障害は予後の良好な病気です。一度治療を完結したら、同じストレス因子が再発するリスクもそれほど高くありません。職場の上司には「治療して治った」と言うように報告し、「再発予防に十分気をつけている」旨を報告するとお互い安心して気持ち良く働けるのではないかと思います。

スポンサーリンク