適応障害とセクハラ・パワハラ

適応障害とセクハラ・パワハラ

適応障害とパワハラ・セクハラとの関係

職場内のパワハラやセクハラ問題は今の時代も大きな問題とされています。パワハラやセクハラがあることで、職場に行くことが苦痛であったり、足が進まないと悩んでいる人も絶えません。職場全体でそのような出来事がある会社もあれば、弱い個人をターゲットにセクハラやパワハラが行われているケースも少なくないのが現状です。

 

特に、個人をターゲットにされた場合、「自分が仕事ができないから」「私がこんな人間だから」「何も言えないから」そのように自分を追い詰めてしまうことも少なくありません。個人がターゲットになった場合相談相手する相手もおらず、うつ病や適応障害のような精神疾患に見舞われる可能性が高くなります。

 

セクハラやパワハラが原因で休職する場合

セクハラやパワハラによって適応障害が引き起こされた場合、一般的な傷病の場合に支給される「傷病手当金」は支給されません。職業を営むにあたって第三者が関与しているケガや病気に関しては「労災」が適用されます。

 

しかし、パワハラやセクハラを原因の疾患であることを会社は簡単に認めるケースは少ないことも事実であり、パワハラやセクハラがあったという事実を認めることは会社にとって、非常に不利になることであり、訴訟を起こすまでに至る可能性もあります。

 

パワハラやセクハラの被害者は何も悪くなくても、訴訟を起こすことによって精神的にも身体的にも大きなダメージが与えられることもあり、パワハラやセクハラの被害に遭った人すべての人が「労災を申請して良かった」という結果になるとは限らないのも事実です。

 

むしろ、「傷病手当金を受給した方が良かった」と悔やむ人の方が多いかもしれません。労災を申請するなら、周囲のサポートや同僚の証言などを集めるなど協力者の存在は必要不可欠です。よくよく考えて判断することが大切です。

スポンサーリンク