適応障害で辛い・苦しいと感じるとき

適応障害で辛い・苦しいと感じるとき

適応障害の症状や症状による苦しみは当事者しか分かりません。

 

適応障害で辛いこと、苦しいことは何よりも周囲や家族に理解されないことなのです。

 

「あの人はサボっているし、甘えてる」と目で見られるのも辛いですよね。

 

適応障害で辛いこと

適応障害になって辛いことは、自分の力で解決できないということ。日々変化していく社会の中で生きにくく、自分の理想の生き方を目指して転職を決めても転職するまでの引き継ぎ期間が長く感じることです。

 

早くこの場を離れたいのに離れられない。退職するのに難しい仕事を押し付ける上司。その仕事の責任を取らないと退職させないというパワハラのような行為。転職先でも働けるのか不安が生まれるという最悪なパターンです。

 

他人から見れば社会人としての責任を果たして当然であり、責任を果たせない社員は社会人として失格という視線で見られているのも適応障害者にとって辛い瞬間です。

 

適応障害で苦しいとき

適応障害で苦しい時は家族や周囲の理解が得られないこともそうですが、家族が壊れてしまう状況がとても苦しいのです。

 

自分のせいで家族が苦しんでいるのも見ることで休職している状態から打破するために復職するためにリハビリや通院に励むことがストレスになり復職する日が遠のいてしまう場合があります。

 

家族のために復職するという気持ちが逆に適応障害を悪化させることもあり、焦らず自分がリラックスできる場所は趣味を探せるように家族も普通に接したほうが症状が悪化するリスク場所は少なくなるはずです。

 

家族が不安になる気持ちは分かります。長い人生1つの会社で定年を迎える人は少ないのです。ほんの少し理解があれば回復も早くなる可能性は高いでしょう。

スポンサーリンク