適応障害への理解

適応障害への理解

適応障害というものは、名前は聞いたことがあっても、その詳細を知っているという人は少ない精神疾患です。また、その症状からも、理解をなかなか得られないという側面があります。

 

しかし、正式な精神疾患である以上、周囲からの理解は不可欠です。ここでは、適応障害への理解について考えてみましょう。

 

なぜ適応障害は理解されにくいのか

適応障害は、他人だけではなく、身近な人にまで理解をされないということがあります。これは、適応障害の症状は、うつ病などのように生活に支障をきたすほどのものであったとしても、ストレスの原因から身を離していると、そのうち自然に症状が治るという性質があるからでしょう。

 

そのため、嫌なことをするときだけ、体調不良になると思われがちなのです。

 

特に、適応障害の人の家族は、そんな患者さんに対して、恥ずかしいと感じてしまう可能性もあります。また、こんなことでは、将来どうなるのかという不安から、厳しくあたってしまうこともあるでしょう。

 

適応障害には理解が重要

適応障害は、精神疾患ですから、治療が必要ですし、場合によっては休職や退職を余儀無くされることもあります。

 

このときに重要なのは、家族の理解とサポートです。もしも、身近な家族にまで、病気を理解されなければ、患者さん本人は、もっと心を病んでしまいますし、自分を責めてしまいます。

 

また、他人からの理解というのは、適応障害の治療にも、改善にも、とても重要な要素でもあります。

 

適応障害を正確に理解するためには、患者さんの通院に付き添って、一緒に話を聞いたり、自分でも適応障害に調べてみるといいでしょう。しっかりと調べてみれば、適応障害がつらい病気であるということはわかるはずです。

スポンサーリンク