無視による適応障害

無視による適応障害

無視によるストレスと適応障害について

友人や彼氏との喧嘩、職場の人間関係やママ友の人間関係など多くの人間関係に悩まされる事もあるかとおもいます。人間関係は自分と気が合わない人間とも、付き合わなければならないというものです。

 

突然、無視されるということもあり何が原因で無視されているのかもわからず、長く続くと無視される側はストレスがたまり心身ともにつかれはててしまいます。そうした、気を許せない人達との付き合いで、適応障害を起こすこともあります。そうした、ストレス源になっている人と離れる事ができればベストです。しかし職場、ママ友、学校などなかなかきりたくても切れない関係はあります。ストレスを解散する方法というものを理解しておくと、適応障害にはなりにくくなります。

 

ストレスをためない方法

まずは自分に原因がないか考えてみます。何か原因があるのであればきちんと話をして謝罪をする事で和解が出来るかもしれません。次に相手によって対応を変えてみます。その相手と仲良くしたいと言う事であれば、相手にその事を伝えなければいけませんし自分に非があるようなら謝罪も必要です。しかし、距離を置きたいという場合には、挨拶程度にし、離をおくというのは対処方法のひとつです。

 

また、蒸しをする人は周りからの信用も失います。職場では同僚、上司、部下など多くの仲間がいます。その中で無視をしたり、仲間はずれにされたりする人は幼稚な人と見られて信用を失ってしまいますので、あまり気にしないというのもひとつの方法です。

 

また、そうした人に深入りをしないというのも方法のひとつです。原因を聞きだして解決しようとしても、結局原因がわからないという場合にはストレスがたまってしまいます。深入りせず、ストレスをためないようにする事が適応障害にならない対策です。

スポンサーリンク