適応障害と生命保険での告知義務

適応障害と生命保険での告知義務

生命保険や医療保険には「告知義務」というのがあるのをご存知でしょうか。何も問題がないという人は、そもそも、告知義務について知らずに生命保険に加入しているかもしれません。

 

ですが、適応障害をはじめとした精神疾患にかかっている人は、この告知義務について知っておかないと、のちのち大変なことになりかねません。

 

ここでは、適応障害と生命保険の告知義務についてご説明していきます。

 

告知義務とは

生命保険や医療保険に入るときには告知義務というものがあります。この告知とは、健康状態の告知のことです。もしも、健康状態の告知をするときに、告知するべきことを隠したり、偽ったりすると、「告知義務違反」ということになり、これがバレてしまうと、契約を解除されてしまいます。

 

これは当然、契約違反ということになりますから、保険金が給付されることもなくなってしまいます。言わなければバレないと思ってしまうかもしれませんが、保険会社は保険金の請求があった場合、過去の通院履歴などを調査することがあり、これにより告知義務違反が判明してしまうのです。

 

適応障害は告知する義務があるのか

適応障害での通院歴があると、保険に加入しにくくなるというのは、どうしようもない事実です。精神疾患にかかる人というのは、再発もしやすいですし、保険金を支払うような状況が普通の人よりも多くなると考えられるからです。

 

とはいえ、適応障害を隠して保険に加入すると、告知義務違反となります。適応障害にも、告知義務があるからです。

 

また、保険に加入してから適応障害に告知義務がわかった場合も、追加告知という形で告知することができ、この場合は契約違反にはなりません。

 

精神疾患であっても、入れる保険はありますから、そういった保険を探して、きちんと告知をしてから加入するという方法をおすすめします。

スポンサーリンク